urban-mikuriya-logo
menu

メニュー

clear urban-mikuriya-logo
ブログ投稿画像

2021.01.11

イベント
鏡開きをしました。 皆さん、こんにちは。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。 先週から、一層厳しい寒さが続いています。 体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。     さて、本日、1月11日は、鏡開きでした。(関西では、15日に行うところもあります。)   鏡開きとは、年神様がいらっしゃる松の内(1月1日~1月7日。関西など15日までとする地方もあるそうです。)が明けた11日に、年神様が宿る場所だった鏡餅を割り、無病息災を願いながら、お雑煮やお汁粉、ぜんざいにして食べる行事です。 (因みに、鏡餅は、縁切りを思わせる「切る」という言葉を避けて、「割る」と言います。)     なので、おやつに、毎年恒例の<ぜんざい>を提供しました。 アーバンケア御厨のぜんざいには、利用者様に安全に召し上がって頂くために、お餅の代わりに、柔らかい「お麩」を入れています。     毎日、寒い日が続きますので、温かくて甘いぜんざいは、好評でした。   小豆は、美味しいだけでなく、疲労回復が期待できるビタミンBも含まれています。 何かと体調を崩しやすい季節ですが、出来るだけ元気にお過ごし頂きたいと思います。 本年も、よろしくお願い致します。
ブログ投稿画像

2021.01.01

イベント
明けましておめでとうございます。 新年、明けましておめでとうございます。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。   今年の干支は、「丑」ですね。   牛は古くから酪農や農業で人間を助けてくれた大切な動物であり、大変な農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、丑年は「我慢(耐える)」、「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。   昨年は、今まで以上に大変な1年でしたが、今年は、昨年の分も入居者様に楽しんで頂ける年になるよう、全職員で取り組んでいきたいと思います。       まず、一年の初めの行事と言えば、毎年恒例の元旦祭です。 今年は、例年のように集まって頂く事は、出来ませんでしたが、各フロアを職員が回らせて頂き、本日より新しく施設管理者に着任しました、長谷(はせ)と、新しくケアマネジャーとなった中沼から、ご挨拶申し上げました。 今後とも、よろしくお願い致します。     また、入居者様へ年賀状を、年男・年女の方には、ラミネートした絵馬を、職員から贈らせて頂きました。     「もう、そんな歳になったのね~」   と、感極まって泣いてしまう方もおられました。     その後、御屠蘇(おとそ)を、お配りして、皆様のご健勝と、新しい年のご多幸をお祈りいたしまして、乾杯しました。   昨年から、色々なことがありましたが、今年も皆様と新年をお祝い出来たこと、心よりお喜び申し上げます。 今年も、アーバンケア御厨を、よろしくお願いします。
ブログ投稿画像

2020.12.28

クッキング
12月のおやつクッキング ~おやつバイキング その3~ 皆さん、こんにちは。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。   さて、今回は、その1、その2と続き、おやつバイキングその3です。 今回は、5階と2階の様子をお伝えします!     こちらが、選んで頂くためのメニュー表です。 クリスマスらしいデコレーションにしながら、フルーツトライフルのフルーツは、全て1㎝角に切るなど、出来るだけ多くの方に、安全に召し上がって頂ける様に作りました。     「この中から、2つ選んでくださいね~。どれに、なさいますか?」   と職員が伺うと、   「どれにしようかな~」   「寒いし、お汁粉もあったかそうだけど、他のも気になるな~」   と写真と、にらめっこされていました。     配膳させて頂くと、   「美味しいわ~」   「こんなんやったら、また来月もやって欲しい!」   と、喜んで頂けました。       いつもの食事や、おやつと違い、食べたい物を自分で選んで頂いたので、いつもより沢山召し上がって頂き、今まで、おかわりをされなかった方が、初めてされることもありました。   最後に   「美味しかったわ。また、作ってな~」   と声を掛けて頂き、来年も皆様に喜んで頂けるものを作っていきたいと思いました。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。 先週から、一層厳しい寒さが続いています。 体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。     さて、本日、1月11日は、鏡開きでした。(関西では、15日に行うところもあります。)   鏡開きとは、年神様がいらっしゃる松の内(1月1日~1月7日。関西など15日までとする地方もあるそうです。)が明けた11日に、年神様が宿る場所だった鏡餅を割り、無病息災を願いながら、お雑煮やお汁粉、ぜんざいにして食べる行事です。 (因みに、鏡餅は、縁切りを思わせる「切る」という言葉を避けて、「割る」と言います。)     なので、おやつに、毎年恒例の<ぜんざい>を提供しました。 アーバンケア御厨のぜんざいには、利用者様に安全に召し上がって頂くために、お餅の代わりに、柔らかい「お麩」を入れています。     毎日、寒い日が続きますので、温かくて甘いぜんざいは、好評でした。   小豆は、美味しいだけでなく、疲労回復が期待できるビタミンBも含まれています。 何かと体調を崩しやすい季節ですが、出来るだけ元気にお過ごし頂きたいと思います。 本年も、よろしくお願い致します。
ブログ投稿画像 新年、明けましておめでとうございます。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。   今年の干支は、「丑」ですね。   牛は古くから酪農や農業で人間を助けてくれた大切な動物であり、大変な農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、丑年は「我慢(耐える)」、「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。   昨年は、今まで以上に大変な1年でしたが、今年は、昨年の分も入居者様に楽しんで頂ける年になるよう、全職員で取り組んでいきたいと思います。       まず、一年の初めの行事と言えば、毎年恒例の元旦祭です。 今年は、例年のように集まって頂く事は、出来ませんでしたが、各フロアを職員が回らせて頂き、本日より新しく施設管理者に着任しました、長谷(はせ)と、新しくケアマネジャーとなった中沼から、ご挨拶申し上げました。 今後とも、よろしくお願い致します。     また、入居者様へ年賀状を、年男・年女の方には、ラミネートした絵馬を、職員から贈らせて頂きました。     「もう、そんな歳になったのね~」   と、感極まって泣いてしまう方もおられました。     その後、御屠蘇(おとそ)を、お配りして、皆様のご健勝と、新しい年のご多幸をお祈りいたしまして、乾杯しました。   昨年から、色々なことがありましたが、今年も皆様と新年をお祝い出来たこと、心よりお喜び申し上げます。 今年も、アーバンケア御厨を、よろしくお願いします。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。 アーバンケア御厨、栄養課の村上です。   さて、今回は、その1、その2と続き、おやつバイキングその3です。 今回は、5階と2階の様子をお伝えします!     こちらが、選んで頂くためのメニュー表です。 クリスマスらしいデコレーションにしながら、フルーツトライフルのフルーツは、全て1㎝角に切るなど、出来るだけ多くの方に、安全に召し上がって頂ける様に作りました。     「この中から、2つ選んでくださいね~。どれに、なさいますか?」   と職員が伺うと、   「どれにしようかな~」   「寒いし、お汁粉もあったかそうだけど、他のも気になるな~」   と写真と、にらめっこされていました。     配膳させて頂くと、   「美味しいわ~」   「こんなんやったら、また来月もやって欲しい!」   と、喜んで頂けました。       いつもの食事や、おやつと違い、食べたい物を自分で選んで頂いたので、いつもより沢山召し上がって頂き、今まで、おかわりをされなかった方が、初めてされることもありました。   最後に   「美味しかったわ。また、作ってな~」   と声を掛けて頂き、来年も皆様に喜んで頂けるものを作っていきたいと思いました。