urban-shigita-logo
menu

メニュー

clear urban-shigita-logo
ブログ投稿画像

2021.04.24

イベント
第6回 アーバンケア新喜多リボンカフェ 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の髙平、萩塚、松原です。 今回は、令和3年4月17日に御厨会館で開催した、「リボンカフェ」の様子をお伝えします。 当日は雨の降る寒い午後でしたが、5名の方に参加いただきました。 前回は介護保険制度を知っていただく内容で「デイサービスについて知ろう」という内容で行わせていただきましたが、今回は指先を使う事が認知症予防にもつながるとの観点から、折り紙でこいのぼりを作りました。 職員の萩塚より、折り方を説明しながら実際に折っていただきましたが、1ヵ所説明だけでは難しい所があり、最初は「どうしたらよいの?」、「わからんわ~」等の声もありましたが、こいのぼりを2匹、3匹と作られるうちに要領をつかまれ、職員のフォローもなく皆さん折られていました。 また折り紙をすること自体が今はないとの事で、「懐かしい」、「楽しい」等の声も聞かれました。   最終的には皆さま、平均4匹程度折られ、それを台紙に貼り、5月の空を泳ぐこいのぼりを作成されました。雲の位置や風車の角度など、お互いの作品を見ながら和気あいあいとお話をされていました。     最後は体組成測定を行わせていただき、前回との比較でご自身の身体の状態を確認されていました。 「リボンカフェ」は認知症当事者の方はもちろんですが、地域の方にも参加していただく事で、認知症であっても、いつまでも住み慣れた地域で生活を続けていただけるように、地域とのつながりの場として開催させていただいています。 次回は5月15日 土曜日 13:30から御厨会館で開催の予定です。現在大阪府ではコロナウイルス感染症が猛威をふるいつつあります。 ご興味のある方は定員を15名とさせていただいておりますので、参加、開催の可否等につきまして、 地域包括支援センターアーバンケア新喜多(06-6784-0001)までご確認いただければ幸いです。ご参加をお待ちいたしております。
ブログ投稿画像

2021.04.12

イベント
介護予防教室 御厨楽らく体操 皆さん、こんにちは。 アーバンケア新喜多の宮内です。 今日は4/9(金)に開催した御厨楽らく体操について報告いたします。 1部は15名、2部は11名の方が参加され、前田先生の指導のもと楽しく体操を行いました。 今回は、お友達に誘われて初めて参加される方もいらっしゃいました。   まずは頭の体操やストレッチで徐々に体をほぐしていきます。 指先にグッと力を入れます。 握力を鍛えることで、足の筋力が落ちにくくなると前田先生から説明がありました。 体は筋膜で繋がっており、他の部位にも自然と効果があらわれます。 足の運動ができない時は、手の運動をするだけでも違ってくるそうです。 お腹もしっかり伸ばします。 ひねる動作は普段使わない脇腹の筋肉を刺激します。 体が解れたところで、今回は柔らかめのボールを使用して体操をしました。 100円ショップで購入できる、イボイボのついたボールです。 腕の内側の筋肉を鍛えるため、小指に力を入れてボールを握ります。 肩甲骨を意識しながら頭の上で柔らかく回します。 もちろん、足の運動にも活用できます。 腰が曲がらないよう注意しながら膝の下にボールをくぐらせます。 足裏を刺激すると気持ちが良いですね。 ボールを使う体操はテレビを観ながら気軽にできるので、ぜひ自宅で行ってみて下さい! 最後は坂本九さんの曲に合わせて体を動かしました。 決めポーズもバッチリです‼ 来月は5/14(金)二部制で開催する予定です。参加を希望される方は 地域包括支援センター アーバンケア新喜多(06-6784-0001)へ申し込みをお願いします。
ブログ投稿画像

2021.03.31

イベント
令和3年3月 長田「楽らく体操」 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の宮内と松原です。   春が近づいてきている今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしですか? 本日(3月26日)は快晴の中、長田東自治会館で令和2年度最後の「楽らく体操」が開催されました。 大阪は少し沈静化もしてきているようですが、まだまだコロナウイルス感染症の心配もありますので、三密を避けるために、 13:30からと14:45からの2回に分け開催させて頂いています。   講師は、いつも楽しく体操される、健康運動実践指導者の前田真理子先生です。前田先生は簡単な様に思える運動でも、どのような効果があるかなどわかりやすく解説してくださいます。本日はいかに長く自分の足で歩くために、どのような筋肉を意識して運動したり、身体を動かすのが良いのかを分かりやすく説明してくださいました。   背筋をしっかりと伸ばすことが大切だそうです。 皆さま背筋が伸びて良い姿勢です。 いつもながら先生は綺麗な姿勢です。 皆さま負けじと頑張られます。 いつものスクワットにも皆さま真剣です。 最後は、梓みちよさんの「こんにちは赤ちゃん」の曲に乗せて体操です。 最後のポーズも決まりました。 定期的に体操に参加して体を動かすことも良いことですが、「楽らく体操」に参加していただくことで、地域の皆様の交流の場になったり、頭の体操を兼ねた運動などでは間違いがあっても笑いが生まれることで、和やかな雰囲気の中で交流になればと考えています。大きな声で笑う機会があるのも、楽らく体操の醍醐味ではないかと思います。   次回は令和3年4月23日 金曜日の13:30からと14:45からです。健康を一杯貯蓄して地域で元気に過ごしていきましょう。
ブログ投稿画像

2021.03.22

イベント
第5回 アーバンケア新喜多リボンカフェ みなさん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 本日は3/20(土)に開催した第5回アーバンケア新喜多リボンカフェについて ご報告します。 今回はデイサービスについての話です。   今回は「介護保険を知ろう」をテーマに、アーバンケア八戸ノ里デイサービスセンターの大橋主任に、デイサービスについて お話ししていただきました。当日は曇り空の中、56名の方にご参加いただいています。大勢の方にご参加いただきましたが、 コロナウイルス感染症予防をしっかりとした上で開催しています。   髙平管理者より挨拶。 まず初めに、アーバンケア新喜多の髙平管理者より挨拶と介護保険の申請について簡単に説明を行いました。 御厨自治会 佐々木会長より挨拶。 御厨自治会 佐々木会長からも挨拶していただいています。 みなさん真剣に話を聞いていました。 大橋主任からは、デイサービスの説明と利用するにはどのような手続きを行えばよいか、アーバンケア八戸ノ里デイサービス センターでの一日の過ごし方などお話ししていただきました。 「リンゴの唄」に合わせた体操です。 途中でデイサービスでも実施している歌謡曲に合わせて身体を動かす「歌体操」や「脳トレ」を行いました。 問題は見にくいですが、かなり難しかったです。 「脳トレ」は問題が難しく、答えを聞くまで分からないものもありました。 アーバンケア八戸ノ里 近藤施設長より挨拶。 最後にアーバンケア八戸ノ里の近藤施設長より挨拶があり、毎月行っている体組成測定を行い、今月のリボンカフェは終了 となっています。 デイサービスのことはよく聞くが、実際どのようなことを行っているか知らない方も多く、みなさん熱心に話を聞いていました。「今後利用することになると思うので参考にします」との声も聞かれました。 来月は4/17(土)13:30から開催予定で、「季節の物作りを楽しもう」をテーマに物作りを行う予定です。 来月のリボンカフェは先着15名までとなっていますので、興味のある方はアーバンケア新喜多までご連絡お待ちしております。
ブログ投稿画像

2021.03.19

イベント
介護予防教室 御厨楽らく体操 みなさん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 3月になり暖かい日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今回は、3/12(金)に御厨会館で開催した御厨楽らく体操の報告を行います。 13:30からと15:00からの2部制で行い、当日は雨の降る中、多くの方にご参加していただいています。 まずは身体を伸ばします。 まずは準備運動です。 全身を伸ばして身体をほぐしていきます。 腹筋を鍛える運動です。 全身がほぐれたところで、椅子に座って出来る運動を行います。 こちらは、身体をねじることで腹筋を鍛える運動です。 バランスを取るのが難しかったです。 椅子から立って出来る運動も行います。 椅子を支えに片足立ち。反対の手を離すことでバランスをとるのが一気に難しくなります。 みなさん必死に堪えていました。 スクワットを10回行いました。 運動の最後は椅子の前に立って行うスクワットです。 お尻を上げた状態で10秒間キープ。足を震わせながら体勢をキープしていました。 今月の曲は「こんにちは赤ちゃん」でした。 最後は、毎回恒例の曲に合わせて身体を動かします。 今回のは、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」の曲に合わせて身体を動かします。 みなさん楽しそうに身体を動かしていました。 次回は、4/9(金)になります。興味のある方は、アーバンケア新喜多までご連絡お待ちしております。
ブログ投稿画像

2021.02.25

イベント
第4回 アーバンケア新喜多リボンカフェ 皆さん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 寒暖差が激しいですが、体調を崩さずに過ごしているでしょうか。 本日は、2/20に開催された第4回アーバンケア新喜多リボンカフェをご報告します。 緊急事態宣言が発令されているなか10名の方にご参加していただいています。 今回は、3/3のひな祭りに合わせて「ひな祭りを楽しもう」がテーマで、お殿様とお雛様を作りました。 今回は、ひな祭りがテーマです。 卵型の台紙にそれぞれ選んでいただいた折り紙や千代紙を糊で着物のように貼っていきます。 細かいところは、職員が手伝いながら作っていきます。 真剣に作られています。 皆さん一生懸命作っておられました。 最後に顔を描き、台紙に貼り完成です。 お殿様とお雛様の完成です。 それぞれ色を選んでもらっているので、個性のあるお殿様とお雛様になりました。 「ひな祭りまで家に飾るわ」と言って下さる方もいました。 最後に体重測定も行っています。 次回は、3/20(土)13:30~「デイサービスを知ろう」をテーマに介護保険やデイサービスについてのお話しを行います。 参加を希望される方は、アーバンケア新喜多までご連絡お願いします。
ブログ投稿画像

2021.02.15

イベント
令和3年2月 御厨会館「楽らく体操」! 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の宮内と松原です。   今回は令和3年2月の「楽らく体操」の開催風景です。 本日は先月とは打って変わって小春日和の暖かい日で、13:30からと15:00からの2回の開催時間に合わせて、多数の方が来てくださいました。 御厨会館前、この看板が目印です。 講師は、いつも楽しく体操される、健康運動実践指導者の前田真理子先生です。前田先生は筋肉や骨の役割からどのような運動でどのような効果があるかなどわかりやすく解説してくださいます。本日は肩こりや腰痛などに肩甲骨周りの筋緊張を緩める事の有用性について、わかりやすく説明してくださいました。肩甲骨を大きく回す運動が肩こりだけでなく、腰痛にも効くとの事で目からウロコです。 出来にくい事に取り組むことで脳から指令が届きやすくなるそうです。 頭の体操も兼ねた指先の運動から身体全体のストレッチで体をほぐした後は筋力アップのためのトレーニングで、本日は大腿四頭筋を鍛える事を中心としたメニューで筋肉をみんなで鍛えてみました。体操に取り組んで体が軽くなった後には、歌に合わせて体操を行います。今回は「青い山脈」に合わせてみんなで体操を行いました。全ての体操が終わった後は、皆さま、「体が軽くなった。」、「汗をかいたわ。」と清々しいお顔でした。 肩甲骨を大きく動かすコツをわかりやすく説明してくださいます。 片足バランス立ちです。皆さまバランスよく立たれています。 床面と足が水平です。キレイ! 大腿四頭筋に効く、いつものスクワットにも取り組みます。 最後は「青い山脈」に合わせてのリズム体操です。 比較的コロナウィルス感染症も落ち着いてきている様ですが、まだまだ外出する事も行いにくい状況が続いています。御厨楽らく体操では、常時会館内の換気や入館時の手指消毒、体操が終わった後には椅子の消毒などを行い、感染症予防を行っておりますので、月に1度の体操に参加して色々な話を聞きながら、体を動かしていただければ思います。定期的に参加していただければ、地域の皆様の交流の場にもなりますよ。   御厨会館での「楽らく体操」に新たに参加されたいという方がおられれば、各回定員が15名ではありますが、地域包括支援センターアーバンケア新喜多 (06-6784-0001)までご連絡下さい。15時からの部には若干定員に空きもございます。次回は令和3年3月12日金曜日の13:30からと15:00からです。体操に取り組んで、地域で元気に過ごしていきましょう。
ブログ投稿画像

2021.02.11

その他お知らせ
うがいのイロハを確認しましょう 地域包括支援センター アーバンケア新喜多です。   皆さまは毎日、食事の前や掃除の後、外出先から帰った後などにうがいを行われていますか?風邪などの感染症を予防するためのうがいであっても、誤った方法でうがいをしていると十分な効果を得ることができません。今回は改めて、うがい薬を使った正しいうがいの方法を解説していきたいと思います。 うがいをすることで期待できる効果   ☆風邪などの感染症予防の効果 無意識に口や鼻を触ったり、浮遊する細菌・ウイルスを知らないうちに吸い込み、それらが口腔内・喉にとどまってしまうと、風邪などの感染症の原因となります。うがいをすることで、喉や口の粘膜に付着した細菌やウイルスなどを口の中から洗い流し、感染を予防することができます。また、喉は乾燥することによって粘膜の表面の繊毛運動が弱くなったり、止まったりすることで、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。うがいは、喉を潤す働きがあるため、風邪や感染症の予防にもなります。 ウィルスをやっつけましょう! ☆喉の痛みや腫れを和らげる効用 特に風邪を引いた時に喉が痛みやすいという方は、喉の粘膜が細菌やウイルスの感染によって炎症を引き起こしている可能性があります。うがい薬の中には炎症を鎮める効果のある種類があり、薬液を使ってガラガラとうがいを行うことで、喉の炎症を抑え、咽頭痛(喉の痛み)を和らげることができます。   うがい薬を使った正しいうがいの手順とは?   うがい薬を使用しても、正しい手順と方法で行わなければ十分な効果が得られません。うがい薬を使った正しいうがいの手順について順番に説明していきます。 ☆うがいをする前に手を洗う。 流水で洗浄剤を使い手についた菌やウイルスを30秒以上かけてしっかり落としましょう。特に指の間や親指の付け根、爪の周囲などは凹凸が多く洗い残しが発生しやすい場所です。意識して洗うようにしましょう。もし、手のひらの細菌やウイルスなどがコップに付着していたら、せっかくのうがいの効果が半減するどころか、逆に風邪の原因となってしまうかもしれません。ですので、うがいの前の手洗いはしっかりと行うことが大事です。   ☆うがい薬を決められた量の水で希釈する。 適量を水で希釈する うがい薬は通常、水で希釈を行います。うがい薬の種類によって、希釈する濃度が異なりますので注意しましょう。また、原液を薄めた状態で長期間放置したり使い回しをせず、使用する都度希釈するようにしてください。     ☆ブクブクと口の中を洗浄する。 ブクブクうがいをする まずは、口の中にたまっている汚れや食べカスを物理的に落とすため、口の中にコップ半杯程度の水を含み、ブクブクと洗浄します。食事の後など汚れが多くたまっている際は、2〜3回同じように反復します。その後、うがい薬を口に含み、左右交互に頰をふくらませ、15秒程ブクブクうがいをすると効果的です。   ☆ガラガラと喉の奥を洗浄する。 ガラガラうがいをする ブクブクうがいをした後、喉の奥を洗うため、再度口に軽くうがい薬を含み、喉の奥まで行き渡らせるような形でガラガラとうがいを行いましょう。     うがいをする時に避けるべきNGポイント   ☆間違ったうがいの仕方をしてしまうこと うがい薬を間違った水の量で希釈してしまったり、希釈していたまま放置していたり、うがい薬を誤った方法で使ってしまうと、その効果を十分に得られません。殺菌効果や抗炎症効果など、うがい薬の効果を出すためには、使う時の濃度がとても大切です。また使用期限を過ぎたうがい薬は使用しないようにしましょう。   ☆うがいをし過ぎてしまうこと 外出から帰ってきた時や、口腔内や喉が乾燥によってイガイガするような時はうがいが必要です。ただし、うがいをし過ぎてしまうと、正常な粘膜も洗い流してしまったり、喉を痛めてしまう原因にもなります。うがい薬の成分により、使用頻度などが異なりますので、使用上の注意をよく読んで、正しい頻度でうがい薬を使用するようにしましょう。また乾燥に対してはうがいではなく加湿器を使ったり、飲み物を飲んで喉を潤すことも効果的です。   毎日の正しいうがいで感染症を予防しましょう! ☆正しいうがいで感染症を予防 昨年よりコロナウイルスの影響もあり、手洗いやうがいが重要視されるようになりました。細菌やウイルスから自分の身を守るためにも、手洗いやうがいを正しい方法で毎日続けることが大切です。1人1人が衛生的な生活を心がけ、正しいうがいで感染を予防していきましょう。
ブログ投稿画像

2021.01.18

イベント
第3回 アーバンケア新喜多リボンカフェ 皆さん、こんにちは。 介護支援専門員の宮内です。 今日は、先日開催したリボンカフェについて報告させていただきます。   1/16(土)13:30より、第3回リボンカフェを開催しました。 雨上がりの午後だったのですが、当日は12名の方にご参加いただきました。 ありがとうございます!   今回はのテーマは「節分を楽しもう!」です。 まずは、節分と恵方巻についてお話させていただきました。 今年の節分は124年ぶりに、2月2日だそうです。 恵方巻は大人でも手軽に取り入れることができるので、毎年節分の日に食べている方も多いようです。 今年の恵方は南南東です! 方角は16方位ありますが、恵方となる方角は「歳徳神(としとくじん)」と呼ばれる神様がいる方角で、 「東北東・西南西・南南東・北北西」の全部で4つしかないそうです。 ちなみに今年の節分は2月2日ですので、間違わないようにして下さいね。   節分にちなんで、今回は折り紙で鬼を作りました! どんな鬼ができるか楽しみです。 頭と体を別々に作って、最後に糊で貼ります。 体の部分が意外と難しいんです。 皆さん、一生懸命作っておられました。 几帳面な方はとても丁寧に折り紙を折っていましたよ。 細かい部分は少し大変でした。 顔は一番個性が出るところですが、優しそうな可愛い表情の鬼が多かったように思います。 最後に腹巻きを付けます。 かわいい鬼の完成です‼ 「家に飾っておく」「忘れないうちに、もう少したくさん折ってみるわ」など 皆さんから大変好評でした。 来月のテーマは「ひな祭りを楽しもう!」です。 2/20(土)13:30~を予定しておりますので、興味のある方はアーバンケア新喜多までご連絡下さい。
ブログ投稿画像 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の髙平、萩塚、松原です。 今回は、令和3年4月17日に御厨会館で開催した、「リボンカフェ」の様子をお伝えします。 当日は雨の降る寒い午後でしたが、5名の方に参加いただきました。 前回は介護保険制度を知っていただく内容で「デイサービスについて知ろう」という内容で行わせていただきましたが、今回は指先を使う事が認知症予防にもつながるとの観点から、折り紙でこいのぼりを作りました。 職員の萩塚より、折り方を説明しながら実際に折っていただきましたが、1ヵ所説明だけでは難しい所があり、最初は「どうしたらよいの?」、「わからんわ~」等の声もありましたが、こいのぼりを2匹、3匹と作られるうちに要領をつかまれ、職員のフォローもなく皆さん折られていました。 また折り紙をすること自体が今はないとの事で、「懐かしい」、「楽しい」等の声も聞かれました。   最終的には皆さま、平均4匹程度折られ、それを台紙に貼り、5月の空を泳ぐこいのぼりを作成されました。雲の位置や風車の角度など、お互いの作品を見ながら和気あいあいとお話をされていました。     最後は体組成測定を行わせていただき、前回との比較でご自身の身体の状態を確認されていました。 「リボンカフェ」は認知症当事者の方はもちろんですが、地域の方にも参加していただく事で、認知症であっても、いつまでも住み慣れた地域で生活を続けていただけるように、地域とのつながりの場として開催させていただいています。 次回は5月15日 土曜日 13:30から御厨会館で開催の予定です。現在大阪府ではコロナウイルス感染症が猛威をふるいつつあります。 ご興味のある方は定員を15名とさせていただいておりますので、参加、開催の可否等につきまして、 地域包括支援センターアーバンケア新喜多(06-6784-0001)までご確認いただければ幸いです。ご参加をお待ちいたしております。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。 アーバンケア新喜多の宮内です。 今日は4/9(金)に開催した御厨楽らく体操について報告いたします。 1部は15名、2部は11名の方が参加され、前田先生の指導のもと楽しく体操を行いました。 今回は、お友達に誘われて初めて参加される方もいらっしゃいました。   まずは頭の体操やストレッチで徐々に体をほぐしていきます。 [caption id="attachment_1636" align="aligncenter" width="700"] 指先にグッと力を入れます。[/caption] 握力を鍛えることで、足の筋力が落ちにくくなると前田先生から説明がありました。 体は筋膜で繋がっており、他の部位にも自然と効果があらわれます。 足の運動ができない時は、手の運動をするだけでも違ってくるそうです。 [caption id="attachment_1635" align="aligncenter" width="700"] お腹もしっかり伸ばします。[/caption] [caption id="attachment_1634" align="aligncenter" width="700"] ひねる動作は普段使わない脇腹の筋肉を刺激します。[/caption] 体が解れたところで、今回は柔らかめのボールを使用して体操をしました。 100円ショップで購入できる、イボイボのついたボールです。 [caption id="attachment_1630" align="aligncenter" width="700"] 腕の内側の筋肉を鍛えるため、小指に力を入れてボールを握ります。[/caption] [caption id="attachment_1628" align="aligncenter" width="700"] 肩甲骨を意識しながら頭の上で柔らかく回します。[/caption] もちろん、足の運動にも活用できます。 [caption id="attachment_1629" align="aligncenter" width="700"] 腰が曲がらないよう注意しながら膝の下にボールをくぐらせます。[/caption] [caption id="attachment_1631" align="aligncenter" width="700"] 足裏を刺激すると気持ちが良いですね。[/caption] ボールを使う体操はテレビを観ながら気軽にできるので、ぜひ自宅で行ってみて下さい! 最後は坂本九さんの曲に合わせて体を動かしました。 [caption id="attachment_1627" align="aligncenter" width="700"] 決めポーズもバッチリです‼[/caption] 来月は5/14(金)二部制で開催する予定です。参加を希望される方は 地域包括支援センター アーバンケア新喜多(06-6784-0001)へ申し込みをお願いします。
ブログ投稿画像 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の宮内と松原です。   春が近づいてきている今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしですか? 本日(3月26日)は快晴の中、長田東自治会館で令和2年度最後の「楽らく体操」が開催されました。 大阪は少し沈静化もしてきているようですが、まだまだコロナウイルス感染症の心配もありますので、三密を避けるために、 13:30からと14:45からの2回に分け開催させて頂いています。   講師は、いつも楽しく体操される、健康運動実践指導者の前田真理子先生です。前田先生は簡単な様に思える運動でも、どのような効果があるかなどわかりやすく解説してくださいます。本日はいかに長く自分の足で歩くために、どのような筋肉を意識して運動したり、身体を動かすのが良いのかを分かりやすく説明してくださいました。   [caption id="attachment_1605" align="aligncenter" width="400"] 背筋をしっかりと伸ばすことが大切だそうです。[/caption] [caption id="attachment_1606" align="aligncenter" width="400"] 皆さま背筋が伸びて良い姿勢です。[/caption] [caption id="attachment_1615" align="aligncenter" width="400"] いつもながら先生は綺麗な姿勢です。[/caption] [caption id="attachment_1614" align="aligncenter" width="400"] 皆さま負けじと頑張られます。[/caption] [caption id="attachment_1609" align="aligncenter" width="400"] いつものスクワットにも皆さま真剣です。[/caption] [caption id="attachment_1610" align="aligncenter" width="400"] 最後は、梓みちよさんの「こんにちは赤ちゃん」の曲に乗せて体操です。[/caption] [caption id="attachment_1618" align="aligncenter" width="400"] 最後のポーズも決まりました。[/caption] 定期的に体操に参加して体を動かすことも良いことですが、「楽らく体操」に参加していただくことで、地域の皆様の交流の場になったり、頭の体操を兼ねた運動などでは間違いがあっても笑いが生まれることで、和やかな雰囲気の中で交流になればと考えています。大きな声で笑う機会があるのも、楽らく体操の醍醐味ではないかと思います。   次回は令和3年4月23日 金曜日の13:30からと14:45からです。健康を一杯貯蓄して地域で元気に過ごしていきましょう。
ブログ投稿画像 みなさん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 本日は3/20(土)に開催した第5回アーバンケア新喜多リボンカフェについて ご報告します。 [caption id="attachment_1591" align="aligncenter" width="700"] 今回はデイサービスについての話です。[/caption]   今回は「介護保険を知ろう」をテーマに、アーバンケア八戸ノ里デイサービスセンターの大橋主任に、デイサービスについて お話ししていただきました。当日は曇り空の中、56名の方にご参加いただいています。大勢の方にご参加いただきましたが、 コロナウイルス感染症予防をしっかりとした上で開催しています。   [caption id="attachment_1592" align="aligncenter" width="700"] 髙平管理者より挨拶。[/caption] まず初めに、アーバンケア新喜多の髙平管理者より挨拶と介護保険の申請について簡単に説明を行いました。 [caption id="attachment_1593" align="aligncenter" width="700"] 御厨自治会 佐々木会長より挨拶。[/caption] 御厨自治会 佐々木会長からも挨拶していただいています。 [caption id="attachment_1594" align="aligncenter" width="700"] みなさん真剣に話を聞いていました。[/caption] 大橋主任からは、デイサービスの説明と利用するにはどのような手続きを行えばよいか、アーバンケア八戸ノ里デイサービス センターでの一日の過ごし方などお話ししていただきました。 [caption id="attachment_1595" align="aligncenter" width="700"] 「リンゴの唄」に合わせた体操です。[/caption] 途中でデイサービスでも実施している歌謡曲に合わせて身体を動かす「歌体操」や「脳トレ」を行いました。 [caption id="attachment_1596" align="aligncenter" width="700"] 問題は見にくいですが、かなり難しかったです。[/caption] 「脳トレ」は問題が難しく、答えを聞くまで分からないものもありました。 [caption id="attachment_1597" align="aligncenter" width="700"] アーバンケア八戸ノ里 近藤施設長より挨拶。[/caption] 最後にアーバンケア八戸ノ里の近藤施設長より挨拶があり、毎月行っている体組成測定を行い、今月のリボンカフェは終了 となっています。 デイサービスのことはよく聞くが、実際どのようなことを行っているか知らない方も多く、みなさん熱心に話を聞いていました。「今後利用することになると思うので参考にします」との声も聞かれました。 来月は4/17(土)13:30から開催予定で、「季節の物作りを楽しもう」をテーマに物作りを行う予定です。 来月のリボンカフェは先着15名までとなっていますので、興味のある方はアーバンケア新喜多までご連絡お待ちしております。
ブログ投稿画像 みなさん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 3月になり暖かい日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今回は、3/12(金)に御厨会館で開催した御厨楽らく体操の報告を行います。 13:30からと15:00からの2部制で行い、当日は雨の降る中、多くの方にご参加していただいています。 [caption id="attachment_1577" align="aligncenter" width="700"] まずは身体を伸ばします。[/caption] まずは準備運動です。 全身を伸ばして身体をほぐしていきます。 [caption id="attachment_1582" align="aligncenter" width="700"] 腹筋を鍛える運動です。[/caption] 全身がほぐれたところで、椅子に座って出来る運動を行います。 こちらは、身体をねじることで腹筋を鍛える運動です。 [caption id="attachment_1579" align="aligncenter" width="700"] バランスを取るのが難しかったです。[/caption] 椅子から立って出来る運動も行います。 椅子を支えに片足立ち。反対の手を離すことでバランスをとるのが一気に難しくなります。 みなさん必死に堪えていました。 [caption id="attachment_1583" align="aligncenter" width="700"] スクワットを10回行いました。[/caption] 運動の最後は椅子の前に立って行うスクワットです。 お尻を上げた状態で10秒間キープ。足を震わせながら体勢をキープしていました。 [caption id="attachment_1584" align="aligncenter" width="700"] 今月の曲は「こんにちは赤ちゃん」でした。[/caption] 最後は、毎回恒例の曲に合わせて身体を動かします。 今回のは、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」の曲に合わせて身体を動かします。 みなさん楽しそうに身体を動かしていました。 次回は、4/9(金)になります。興味のある方は、アーバンケア新喜多までご連絡お待ちしております。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 2月も終わり、暖かい日も増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。 今回は、2月26日(金)に開催された長田楽らく体操について報告します。 1月は緊急事態宣言が発令されていたこともあり、会館をお借りしている自治会の方と相談し中止しましたが、2月は感染症予防を 行った上での開催となっています。 13:30からと14:45からの2部制で開催し、朝から雨が降り足元の悪い中、1部2部共に10名の方にご参加していただいています。 [caption id="attachment_1570" align="aligncenter" width="700"] 脇腹を伸ばす運動です。[/caption] まずは全身をほぐしていきます。 [caption id="attachment_1559" align="aligncenter" width="700"] 腹筋を鍛える運動です。[/caption] 全身がほぐれたところで、椅子に座ってできる運動を行います。 体をねじることで腹筋を鍛える運動です。 [caption id="attachment_1562" align="aligncenter" width="700"] 椅子を持っての片足立ちです。[/caption] 椅子の横で片足立ちをしています。最後には両手を離しキープ。 皆さま、足を震わせながら必死に片足立ちをしていました。 [caption id="attachment_1560" align="aligncenter" width="700"] 曲の終わりにみんなで決めポーズ。[/caption] 最後は、藤山一郎さんの「青い山脈」の曲に合わせ体を動かします。 皆さま、楽しそうに体を動かしていました。 次回は、3月26日(金)の開催を予定しています。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。社会福祉士の萩塚です。 寒暖差が激しいですが、体調を崩さずに過ごしているでしょうか。 本日は、2/20に開催された第4回アーバンケア新喜多リボンカフェをご報告します。 緊急事態宣言が発令されているなか10名の方にご参加していただいています。 今回は、3/3のひな祭りに合わせて「ひな祭りを楽しもう」がテーマで、お殿様とお雛様を作りました。 [caption id="attachment_1550" align="aligncenter" width="700"] 今回は、ひな祭りがテーマです。[/caption] 卵型の台紙にそれぞれ選んでいただいた折り紙や千代紙を糊で着物のように貼っていきます。 細かいところは、職員が手伝いながら作っていきます。 [caption id="attachment_1548" align="aligncenter" width="700"] 真剣に作られています。[/caption] 皆さん一生懸命作っておられました。 最後に顔を描き、台紙に貼り完成です。 [caption id="attachment_1547" align="aligncenter" width="700"] お殿様とお雛様の完成です。[/caption] それぞれ色を選んでもらっているので、個性のあるお殿様とお雛様になりました。 「ひな祭りまで家に飾るわ」と言って下さる方もいました。 最後に体重測定も行っています。 次回は、3/20(土)13:30~「デイサービスを知ろう」をテーマに介護保険やデイサービスについてのお話しを行います。 参加を希望される方は、アーバンケア新喜多までご連絡お願いします。
ブログ投稿画像 地域包括支援センターアーバンケア新喜多の宮内と松原です。   今回は令和3年2月の「楽らく体操」の開催風景です。 本日は先月とは打って変わって小春日和の暖かい日で、13:30からと15:00からの2回の開催時間に合わせて、多数の方が来てくださいました。 [caption id="attachment_1531" align="aligncenter" width="500"] 御厨会館前、この看板が目印です。[/caption] 講師は、いつも楽しく体操される、健康運動実践指導者の前田真理子先生です。前田先生は筋肉や骨の役割からどのような運動でどのような効果があるかなどわかりやすく解説してくださいます。本日は肩こりや腰痛などに肩甲骨周りの筋緊張を緩める事の有用性について、わかりやすく説明してくださいました。肩甲骨を大きく回す運動が肩こりだけでなく、腰痛にも効くとの事で目からウロコです。 [caption id="attachment_1532" align="aligncenter" width="500"] 出来にくい事に取り組むことで脳から指令が届きやすくなるそうです。[/caption] 頭の体操も兼ねた指先の運動から身体全体のストレッチで体をほぐした後は筋力アップのためのトレーニングで、本日は大腿四頭筋を鍛える事を中心としたメニューで筋肉をみんなで鍛えてみました。体操に取り組んで体が軽くなった後には、歌に合わせて体操を行います。今回は「青い山脈」に合わせてみんなで体操を行いました。全ての体操が終わった後は、皆さま、「体が軽くなった。」、「汗をかいたわ。」と清々しいお顔でした。 [caption id="attachment_1533" align="aligncenter" width="500"] 肩甲骨を大きく動かすコツをわかりやすく説明してくださいます。[/caption] [caption id="attachment_1534" align="aligncenter" width="500"] 片足バランス立ちです。皆さまバランスよく立たれています。[/caption] [caption id="attachment_1537" align="aligncenter" width="500"] 床面と足が水平です。キレイ![/caption] [caption id="attachment_1535" align="aligncenter" width="500"] 大腿四頭筋に効く、いつものスクワットにも取り組みます。[/caption] [caption id="attachment_1539" align="aligncenter" width="500"] 最後は「青い山脈」に合わせてのリズム体操です。[/caption] 比較的コロナウィルス感染症も落ち着いてきている様ですが、まだまだ外出する事も行いにくい状況が続いています。御厨楽らく体操では、常時会館内の換気や入館時の手指消毒、体操が終わった後には椅子の消毒などを行い、感染症予防を行っておりますので、月に1度の体操に参加して色々な話を聞きながら、体を動かしていただければ思います。定期的に参加していただければ、地域の皆様の交流の場にもなりますよ。   御厨会館での「楽らく体操」に新たに参加されたいという方がおられれば、各回定員が15名ではありますが、地域包括支援センターアーバンケア新喜多 (06-6784-0001)までご連絡下さい。15時からの部には若干定員に空きもございます。次回は令和3年3月12日金曜日の13:30からと15:00からです。体操に取り組んで、地域で元気に過ごしていきましょう。
ブログ投稿画像 地域包括支援センター アーバンケア新喜多です。   皆さまは毎日、食事の前や掃除の後、外出先から帰った後などにうがいを行われていますか?風邪などの感染症を予防するためのうがいであっても、誤った方法でうがいをしていると十分な効果を得ることができません。今回は改めて、うがい薬を使った正しいうがいの方法を解説していきたいと思います。 うがいをすることで期待できる効果   ☆風邪などの感染症予防の効果 無意識に口や鼻を触ったり、浮遊する細菌・ウイルスを知らないうちに吸い込み、それらが口腔内・喉にとどまってしまうと、風邪などの感染症の原因となります。うがいをすることで、喉や口の粘膜に付着した細菌やウイルスなどを口の中から洗い流し、感染を予防することができます。また、喉は乾燥することによって粘膜の表面の繊毛運動が弱くなったり、止まったりすることで、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。うがいは、喉を潤す働きがあるため、風邪や感染症の予防にもなります。 [caption id="attachment_1275" align="aligncenter" width="501"] ウィルスをやっつけましょう![/caption] ☆喉の痛みや腫れを和らげる効用 特に風邪を引いた時に喉が痛みやすいという方は、喉の粘膜が細菌やウイルスの感染によって炎症を引き起こしている可能性があります。うがい薬の中には炎症を鎮める効果のある種類があり、薬液を使ってガラガラとうがいを行うことで、喉の炎症を抑え、咽頭痛(喉の痛み)を和らげることができます。   うがい薬を使った正しいうがいの手順とは?   うがい薬を使用しても、正しい手順と方法で行わなければ十分な効果が得られません。うがい薬を使った正しいうがいの手順について順番に説明していきます。 ☆うがいをする前に手を洗う。 流水で洗浄剤を使い手についた菌やウイルスを30秒以上かけてしっかり落としましょう。特に指の間や親指の付け根、爪の周囲などは凹凸が多く洗い残しが発生しやすい場所です。意識して洗うようにしましょう。もし、手のひらの細菌やウイルスなどがコップに付着していたら、せっかくのうがいの効果が半減するどころか、逆に風邪の原因となってしまうかもしれません。ですので、うがいの前の手洗いはしっかりと行うことが大事です。   ☆うがい薬を決められた量の水で希釈する。 適量を水で希釈する うがい薬は通常、水で希釈を行います。うがい薬の種類によって、希釈する濃度が異なりますので注意しましょう。また、原液を薄めた状態で長期間放置したり使い回しをせず、使用する都度希釈するようにしてください。     ☆ブクブクと口の中を洗浄する。 ブクブクうがいをする まずは、口の中にたまっている汚れや食べカスを物理的に落とすため、口の中にコップ半杯程度の水を含み、ブクブクと洗浄します。食事の後など汚れが多くたまっている際は、2〜3回同じように反復します。その後、うがい薬を口に含み、左右交互に頰をふくらませ、15秒程ブクブクうがいをすると効果的です。   ☆ガラガラと喉の奥を洗浄する。 ガラガラうがいをする ブクブクうがいをした後、喉の奥を洗うため、再度口に軽くうがい薬を含み、喉の奥まで行き渡らせるような形でガラガラとうがいを行いましょう。     うがいをする時に避けるべきNGポイント   ☆間違ったうがいの仕方をしてしまうこと うがい薬を間違った水の量で希釈してしまったり、希釈していたまま放置していたり、うがい薬を誤った方法で使ってしまうと、その効果を十分に得られません。殺菌効果や抗炎症効果など、うがい薬の効果を出すためには、使う時の濃度がとても大切です。また使用期限を過ぎたうがい薬は使用しないようにしましょう。   ☆うがいをし過ぎてしまうこと 外出から帰ってきた時や、口腔内や喉が乾燥によってイガイガするような時はうがいが必要です。ただし、うがいをし過ぎてしまうと、正常な粘膜も洗い流してしまったり、喉を痛めてしまう原因にもなります。うがい薬の成分により、使用頻度などが異なりますので、使用上の注意をよく読んで、正しい頻度でうがい薬を使用するようにしましょう。また乾燥に対してはうがいではなく加湿器を使ったり、飲み物を飲んで喉を潤すことも効果的です。   毎日の正しいうがいで感染症を予防しましょう! ☆正しいうがいで感染症を予防 昨年よりコロナウイルスの影響もあり、手洗いやうがいが重要視されるようになりました。細菌やウイルスから自分の身を守るためにも、手洗いやうがいを正しい方法で毎日続けることが大切です。1人1人が衛生的な生活を心がけ、正しいうがいで感染を予防していきましょう。
ブログ投稿画像 皆さん、こんにちは。 介護支援専門員の宮内です。 今日は、先日開催したリボンカフェについて報告させていただきます。   1/16(土)13:30より、第3回リボンカフェを開催しました。 雨上がりの午後だったのですが、当日は12名の方にご参加いただきました。 ありがとうございます!   今回はのテーマは「節分を楽しもう!」です。 まずは、節分と恵方巻についてお話させていただきました。 [caption id="attachment_1514" align="aligncenter" width="700"] 今年の節分は124年ぶりに、2月2日だそうです。[/caption] 恵方巻は大人でも手軽に取り入れることができるので、毎年節分の日に食べている方も多いようです。 今年の恵方は南南東です! 方角は16方位ありますが、恵方となる方角は「歳徳神(としとくじん)」と呼ばれる神様がいる方角で、 「東北東・西南西・南南東・北北西」の全部で4つしかないそうです。 ちなみに今年の節分は2月2日ですので、間違わないようにして下さいね。   節分にちなんで、今回は折り紙で鬼を作りました! [caption id="attachment_1515" align="aligncenter" width="700"] どんな鬼ができるか楽しみです。[/caption] 頭と体を別々に作って、最後に糊で貼ります。 [caption id="attachment_1516" align="aligncenter" width="700"] 体の部分が意外と難しいんです。[/caption] 皆さん、一生懸命作っておられました。 几帳面な方はとても丁寧に折り紙を折っていましたよ。 [caption id="attachment_1517" align="aligncenter" width="700"] 細かい部分は少し大変でした。[/caption] 顔は一番個性が出るところですが、優しそうな可愛い表情の鬼が多かったように思います。 [caption id="attachment_1518" align="aligncenter" width="700"] 最後に腹巻きを付けます。[/caption] [caption id="attachment_1519" align="aligncenter" width="700"] かわいい鬼の完成です‼[/caption] 「家に飾っておく」「忘れないうちに、もう少したくさん折ってみるわ」など 皆さんから大変好評でした。 来月のテーマは「ひな祭りを楽しもう!」です。 2/20(土)13:30~を予定しておりますので、興味のある方はアーバンケア新喜多までご連絡下さい。