urban-shigita-logo
menu

メニュー

clear urban-shigita-logo

「特殊詐欺」で記事を検索しました。

ブログ投稿画像

2020.04.30

特殊詐欺
特別定額給付金を装った詐欺について(注意喚起) 地域包括支援センター アーバンケア新喜多の松原です。 新型コロナウィルス感染症拡大が続く中、特別定額給付金(1人当たり10万円)が給付される事になりましたが、この様な時には現在の緊急事態を悪用した不審な電話やメールが増えてきます。 具体的には「特別定額給付金10万円の支給につき、ご本人様の所在確認、銀行口座番号、キャッシュカードの暗証番号を教えてください。」との電話や「給付金の支給についてはインターネットからの申請のみになりますので、下記URLへアクセスし、詳細情報の確認、手続きを進めてください。」などのメールが届き、家族構成や個人情報等を聞き出そうとするようです。またマスク等を送り付け高額な代金を払い込む様に仕向ける送り付け商法も見受けられるようです。 「コロナ対策」や「お金」、「身に覚えのない商品」等に関する電話やメールには直ぐに対応することなく家族や警察、消費生活センターに相談するようにしましょう。 市町村職員や総務省の職員が電話で誘導し、ATMの操作を依頼することはありません。また支給にかかる事前の手続きに手数料の払い込みを求める事もありません。電話で銀行口座や銀行残高、キャッシュカードの番号を聞く事やキャッシュカードの交換手続のためにキャッシュカードを預かる事もありません。ご自身や家族の方に身に覚えのない商品が届いたとしても支払いの義務はありません。とにかく直ぐに対応せず家族や警察に相談してください。 東大阪市では振り込め詐欺、悪徳商法被害の防止に有効な振り込め詐欺被害防止機器を無償で貸与してもらえる事業もありますので、ご興味のある方は地域包括支援センター アーバンケア新喜多までお問合せください。ただし台数に限り(200台)がありますので、お問合せいただいた時には事業が終了している場合もありますのでご了承ください。 地域包括支援センターは高齢者が地域で生活を継続していく上での総合相談窓口ですので、何かご不安な事やお困り事がありましたら遠慮なく06-6784-0001までお電話いただければと思います。
ブログ投稿画像

2020.03.09

特殊詐欺
第3回 高齢者の特殊詐欺被害防止について みなさん、こんには。アーバンケア新喜多の髙平です。 今回が高齢者の特殊詐欺被害防止について最終回となります。 前回は3つの特殊詐欺について紹介させていただきました。今回は「還付金等詐欺」について紹介させていただきます。   第2回 高齢者の特殊詐欺被害防止について     ○還付金等詐欺 市役所職員などを名乗って、還付金を受け取れるとして電話をかけてきます。期限が迫っていると言って考える時間を与えずATMに誘導し、「こちらの言うとおりにATMに入力してもらえれば還付金が振り込まれます」と案内し、その通りにするとお金が振り込まれてしまうというものです。被害者の91%が65歳以上の高齢者です。件数としては80件で、前年の543件から大幅に減少しています。   ニュースなどで取り上げられる事が増え、意識が高まり、特殊詐欺の電話を受けた方が家族や役所、金融機関等に相談や確認をする事により、被害に遭わずにすんだケースが多数あります。特殊詐欺の電話を受けた方が、犯人の指示通りに金融機関やATM等に向かった場合でも、金融機関職員やタクシー運転手、コンビニやスーパーの店員、ATMでたまたま後ろに並んでいた人などが不振に思い声を掛ける事によって被害が未然に防止されるケースも増えています。 昨年の未然防止件数は1,540件で、金額にすると約17億4,000万円となっています。     高齢者被害の特徴として騙された事に気付きにくく、恥ずかしいという思いから被害にあっても誰にも相談しない事が多いです。一度被害に合うとまた狙われる可能性が高くなります。手口もだんだん複雑化していますので注意が必要です。   怪しい電話や郵便があった場合、まずは家族や警察に相談する事が大切です。相談する家族がいない場合は地域包括へ相ご相談下さい。本人は冷静な判断ができなくなっている事が多く、誰かに聞いてもらう事で「おかしいな」「詐欺じゃないかな」と気づく事があります。     こちらのリーフレットはすぐに電話できるように、家族の連絡先を書く欄と警察署の電話番号が書いてあります。電話のすぐ近くに貼っていただくように地域の方に紹介し、必要な方にはお渡ししています。皆さんも特殊詐欺やあやしい電話があったという話を聞かれた場合は、このブログの内容を伝えていただければと思います。よろしくお願いします。  
ブログ投稿画像

2020.03.04

特殊詐欺
第2回 高齢者の特殊詐欺被害防止について みなさん、こんにちは。アーバンケア新喜多の髙平です。 前回は高齢者の特殊詐欺被害状況を紹介させていただきました。かなり時間があきましたが今回は「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「キャッシュカードをすり替えて盗む手口」について紹介させていただきます。 第1回 高齢者の特殊詐欺被害についてはこちら     ○オレオレ詐欺 犯人は息子の名前を名乗り、「会社のお金を使い込んだ」「友人の借金の保証人になった」「女性を妊娠させた」などとウソを言ってお金を要求してきます。「電話番号がかわった」「風邪で声の調子が悪い」と言った場合は詐欺を疑って下さい。   警察では「電話番号が変わったという電話は詐欺」と広報していますが、犯人は「この番号は会社の携帯電話の番号だから登録しておいて」などと言って登録させようとする場合もあるので注意が必要です。被害者の99%が65歳以上の高齢者です。件数としては1013件と前年の2倍以上に増加しています。   子どもや孫、警察、役所などからの電話で「ちょっとおかしいな」と思った場合は、一旦切って家族や警察に相談して下さい。本人にかけ直して詐欺だとわかったケースも多くあります。       ○架空請求詐欺 心あたりのない請求が郵便やメールで送られてきます。何月何日までに何万円振り込まないと民事訴訟を起こしますといった内容です。被害者の58%が65歳以上の高齢者です。       ○融資保証金詐欺 犯人は電話やFAX、ダイレクトメール等で低金利の融資を案内します。お金を貸すので保証金を振り込んで下さいと言ってきます。 お金を借りるのに「保証金」などを請求するのは詐欺ですので注意して下さい。高齢者の方でお金を借りる方はあまり多くないと思われますので被害も少なくなっています。   ★キャッシュカードをすり替えて盗む手口にもご注意! 大阪府では特殊詐欺と同じように警察官や金融機関職員などを名乗って電話をかけた後、自宅を訪問して被害者にキャッシュカードや通帳を封筒に入れさせ、「封筒を封印するのに押印が必要」等と説明し、印鑑を取りに行かせた隙にポイントカード等が入った別の封筒とすり替えてキャッシュカードを盗み取る手口の窃盗事件が多発しています。 昨年1月~4月までで89件、約1億円の被害が出ています。   次回が最終回となります。「還付金等詐欺」と、高齢者の特殊詐欺被害の特徴などを紹介させていただきます。    
ブログ投稿画像 地域包括支援センター アーバンケア新喜多の松原です。 新型コロナウィルス感染症拡大が続く中、特別定額給付金(1人当たり10万円)が給付される事になりましたが、この様な時には現在の緊急事態を悪用した不審な電話やメールが増えてきます。 具体的には「特別定額給付金10万円の支給につき、ご本人様の所在確認、銀行口座番号、キャッシュカードの暗証番号を教えてください。」との電話や「給付金の支給についてはインターネットからの申請のみになりますので、下記URLへアクセスし、詳細情報の確認、手続きを進めてください。」などのメールが届き、家族構成や個人情報等を聞き出そうとするようです。またマスク等を送り付け高額な代金を払い込む様に仕向ける送り付け商法も見受けられるようです。 「コロナ対策」や「お金」、「身に覚えのない商品」等に関する電話やメールには直ぐに対応することなく家族や警察、消費生活センターに相談するようにしましょう。 市町村職員や総務省の職員が電話で誘導し、ATMの操作を依頼することはありません。また支給にかかる事前の手続きに手数料の払い込みを求める事もありません。電話で銀行口座や銀行残高、キャッシュカードの番号を聞く事やキャッシュカードの交換手続のためにキャッシュカードを預かる事もありません。ご自身や家族の方に身に覚えのない商品が届いたとしても支払いの義務はありません。とにかく直ぐに対応せず家族や警察に相談してください。 東大阪市では振り込め詐欺、悪徳商法被害の防止に有効な振り込め詐欺被害防止機器を無償で貸与してもらえる事業もありますので、ご興味のある方は地域包括支援センター アーバンケア新喜多までお問合せください。ただし台数に限り(200台)がありますので、お問合せいただいた時には事業が終了している場合もありますのでご了承ください。 地域包括支援センターは高齢者が地域で生活を継続していく上での総合相談窓口ですので、何かご不安な事やお困り事がありましたら遠慮なく06-6784-0001までお電話いただければと思います。
ブログ投稿画像 みなさん、こんには。アーバンケア新喜多の髙平です。 今回が高齢者の特殊詐欺被害防止について最終回となります。 前回は3つの特殊詐欺について紹介させていただきました。今回は「還付金等詐欺」について紹介させていただきます。   第2回 高齢者の特殊詐欺被害防止について     ○還付金等詐欺 市役所職員などを名乗って、還付金を受け取れるとして電話をかけてきます。期限が迫っていると言って考える時間を与えずATMに誘導し、「こちらの言うとおりにATMに入力してもらえれば還付金が振り込まれます」と案内し、その通りにするとお金が振り込まれてしまうというものです。被害者の91%が65歳以上の高齢者です。件数としては80件で、前年の543件から大幅に減少しています。   ニュースなどで取り上げられる事が増え、意識が高まり、特殊詐欺の電話を受けた方が家族や役所、金融機関等に相談や確認をする事により、被害に遭わずにすんだケースが多数あります。特殊詐欺の電話を受けた方が、犯人の指示通りに金融機関やATM等に向かった場合でも、金融機関職員やタクシー運転手、コンビニやスーパーの店員、ATMでたまたま後ろに並んでいた人などが不振に思い声を掛ける事によって被害が未然に防止されるケースも増えています。 昨年の未然防止件数は1,540件で、金額にすると約17億4,000万円となっています。     高齢者被害の特徴として騙された事に気付きにくく、恥ずかしいという思いから被害にあっても誰にも相談しない事が多いです。一度被害に合うとまた狙われる可能性が高くなります。手口もだんだん複雑化していますので注意が必要です。   怪しい電話や郵便があった場合、まずは家族や警察に相談する事が大切です。相談する家族がいない場合は地域包括へ相ご相談下さい。本人は冷静な判断ができなくなっている事が多く、誰かに聞いてもらう事で「おかしいな」「詐欺じゃないかな」と気づく事があります。     こちらのリーフレットはすぐに電話できるように、家族の連絡先を書く欄と警察署の電話番号が書いてあります。電話のすぐ近くに貼っていただくように地域の方に紹介し、必要な方にはお渡ししています。皆さんも特殊詐欺やあやしい電話があったという話を聞かれた場合は、このブログの内容を伝えていただければと思います。よろしくお願いします。  
ブログ投稿画像 みなさん、こんにちは。アーバンケア新喜多の髙平です。 前回は高齢者の特殊詐欺被害状況を紹介させていただきました。かなり時間があきましたが今回は「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「キャッシュカードをすり替えて盗む手口」について紹介させていただきます。 第1回 高齢者の特殊詐欺被害についてはこちら     ○オレオレ詐欺 犯人は息子の名前を名乗り、「会社のお金を使い込んだ」「友人の借金の保証人になった」「女性を妊娠させた」などとウソを言ってお金を要求してきます。「電話番号がかわった」「風邪で声の調子が悪い」と言った場合は詐欺を疑って下さい。   警察では「電話番号が変わったという電話は詐欺」と広報していますが、犯人は「この番号は会社の携帯電話の番号だから登録しておいて」などと言って登録させようとする場合もあるので注意が必要です。被害者の99%が65歳以上の高齢者です。件数としては1013件と前年の2倍以上に増加しています。   子どもや孫、警察、役所などからの電話で「ちょっとおかしいな」と思った場合は、一旦切って家族や警察に相談して下さい。本人にかけ直して詐欺だとわかったケースも多くあります。       ○架空請求詐欺 心あたりのない請求が郵便やメールで送られてきます。何月何日までに何万円振り込まないと民事訴訟を起こしますといった内容です。被害者の58%が65歳以上の高齢者です。       ○融資保証金詐欺 犯人は電話やFAX、ダイレクトメール等で低金利の融資を案内します。お金を貸すので保証金を振り込んで下さいと言ってきます。 お金を借りるのに「保証金」などを請求するのは詐欺ですので注意して下さい。高齢者の方でお金を借りる方はあまり多くないと思われますので被害も少なくなっています。   ★キャッシュカードをすり替えて盗む手口にもご注意! 大阪府では特殊詐欺と同じように警察官や金融機関職員などを名乗って電話をかけた後、自宅を訪問して被害者にキャッシュカードや通帳を封筒に入れさせ、「封筒を封印するのに押印が必要」等と説明し、印鑑を取りに行かせた隙にポイントカード等が入った別の封筒とすり替えてキャッシュカードを盗み取る手口の窃盗事件が多発しています。 昨年1月~4月までで89件、約1億円の被害が出ています。   次回が最終回となります。「還付金等詐欺」と、高齢者の特殊詐欺被害の特徴などを紹介させていただきます。