ninchisho-yui-logo
menu

メニュー

clear ninchisho-yui-logo

「心の荷物預かり所」で記事を検索しました。

ブログ投稿画像

2022.06.08

心の荷物預かり所
「大河への道」から学ぶ(認知症から少し離れますが) 伊能忠敬ってご存知ですか? 一言でいえば、江戸時代日本中を歩き回って測量し、日本地図を作製した人ですね。 現代、GPSで確認しても、その江戸時代の測量(自分たちが歩いて計測したもの)地図の正確さがわかります。 それは驚くほど偉大なことなのです。 伊能忠敬の凄さについては、ネットで調べてもらうとして、 映画「大河への道」に描かれていたのは、その超有名人を支えていた名もなき人々のことです。 伊能忠敬は歴史にその名を残していますが、 その伊能忠敬を支えてきた多くの人たちのほとんどは、歴史に名を残すことなく、 しかし歴史を形作る一員として存在していたのです。 思えば、歴史に名を残す人などほんの僅かな人です。 ほとんどの人は歴史に名を残すことなく、それでも確実にこの社会を支えています。 どんな有名人でも、周囲の人たちの何らかの支えがなければ、有名にはなれません。 自分は一人で頑張ってきたという人がいたならば、思い上がりでしかないでしょう。 社長だって、例えば誰かの手によって会社まで来ることができるし、誰かが作ってくれた食事を食べているのです。 時には名を残したいがためにあがく人もいたりして。 まさしく多くの人たちによって支えられているのが社会であり、 当然ケアの世界も同じでしょう。 確かに名だたるリーダーの存在は、社会には必要です。 でも、「あなたがいるからこそ、この社会は(職場は)動いている」ことも事実です。 「私は社会の(会社の)歯車の一つにしか過ぎない」という考えもあるでしょう。 しかし、その歯車がなければ、会社も社会も成り立たないのです。 歯車であっても、なくてはならない誇れる存在だし、 逆に「歯車扱いする」リーダーは、歴史に悪い意味で名を残すでしょう。 伊能忠敬、性格的には厳しい人のようでしたが、 年齢を経てからこれまでの商売の道とは全く違う世界へのチャレンジ精神や、 地図を作り上げるまでの熱意には、敬服すると同時に、 自分もまだまだ、なにかをしなければという思いにも繋がるのですね。 映画「大河への道」、めっちゃ面白かったです。
ブログ投稿画像

2022.05.06

心の荷物預かり所
ステルス鬱に気を付けて ゴールデンウイークが終わると、一気にうつ病の人が増えるそうです。 特に、自分では気づかないうちに、うつ病になっていたということも多いようです。 ステルス鬱と言うそうです。 今はスマホで何らかの形で誰かと(何かと)繋がってないと落ち着かないという人も多いようです。 ところがそのスマホがストレス要因になっていることも多いのです。 それでもスマホは必需品になってしまっているので、見ないと気が済まないのですね。 いつのまにか自分の心を蝕んでいることに気づくことなく。 自分の心がちょっとおかしいと思ったら、 スマホをすぐに取り出せないザックに放り込んで 自然の中を歩くことです。 新緑の中、今は鳥のさえずりがとてもたくさん聞こえて心が落ち着きます。 そうなんです。前回、花は心を癒すと書きましたが、 小鳥たちの鳴き声(まぁニワトリやカラスは別として)も心を癒してくれます。 新緑、つまり緑色も心を落ち着かせてくれます。 これは私が言ってるのではなく、精神科医師の提言でもあります。 以前、認知症の人と新緑の森を歩いたことがあります。 普段の生活では出てこない、心豊かな表現力がいっぱい出てきました。 やはり自然は心の潤いに繋がるのですね。 お天気の良い一日、私は里山ハイキングしてきました。 観光地に行けばどこも人ばかり。逆に身近な里山は人が少なくてよいですね。 「サントリー山」は鳥たちが一杯さえずっていました。 心地よかったですね。 サントリー山に続く道を「サントリーロード」というそうです。 う~ん、思わず唄ってしまいそうです。 もちろん山の中にいるときは、スマホの存在など忘れていました。 心がすっきりしなければ、 里山でいいのでお出掛けしてみましょう! 気分転換 必要ですよ。
ブログ投稿画像

2022.03.22

心の荷物預かり所
「ドライブ・マイ・カー」から認知症ケアを考える センター長の石川です。 テーマである「ドライブ・マイカーから認知症ケアを考える」 ですが、映画は認知症とは全く関係がありません。 しかし、人の人生や心の内と関わる認知症ケアにとって 全く関係はないとは言えない映画なのです。 映画自体の感想・評価は、人それぞれなので、それはしません。 ただ、 「表面的に見えるいい面や悪い面だけでその人を見るのではなく、 様々な姿があるひとりの人として受け止める。」 というのも映画のひとつのテーマとしてあったのかなと思います。 認知症ケアでは一面しか見ないということが多々生じてしまいます。 でも人は一面から見ただけでは測れないのです。 例えば映画の主人公(西島秀俊、いいですね~!)がいずれ年老い、もし認知症になったとしたら、 その認知症状だけでない、 本人の生きざまに「さりげなく寄り添う」(どかどかと踏み込むのではなく)ことが 大切になってくるのではないかと思います。 苦しみの中でもがいていきた(いる)それぞれの人生。 その苦しみの中に一筋の光を見つけ、見いだすこと。 私たちの仕事は、「ケアの仕事」ではありますが、 一人ひとりの人生から一筋の光を見いだす素晴らしい仕事でもあると思うのです。 映画は3時間です。私は水分を事前に取らず見ました(笑)  でも3時間、すぐに過ぎます。 大人の映画なので、子どもは連れて行かないようにしましょう。
ブログ投稿画像

2022.03.11

心の荷物預かり所
忘れてはいけない忘れられない3・11 阪神淡路大震災の時、崩壊した家の瓦礫の中から娘を救い出した父親 やがてその娘は成人し、結婚して仙台へ旅立った。 「お父さん、赤ちゃんできてん」 娘からの喜びのメッセージ しかし阪神淡路大震災を生き残った娘は 津波に飲み込まれ、行方不明に… その娘の父親が出会ったのが ノーマさんの詩でした。   「最後だとわかっていたなら」 あなたがドアを出ていくのを見るのが 最後だとわかっていたら わたしは あなたを抱きしめて キスをして そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう あなたは言われなくとも わかってくれていたかもしれないけれど 最後だとわかっていたら 一言だけでもいい 「あなたを愛してる」と わたしは 伝えただろう たしかにいつも明日はやってくる でももしそれが私の勘違いで 今日ですべてが終わるのだとしたら、 わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい そしてわたしたちは 忘れないようにしたい 若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも 約束されていないのだということを 愛する人を抱きしめられるのは 今日が最後になるかもしれないことを 微笑みや 抱擁や キスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと 忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを どうして してあげられなかったのかと だから 今日 あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう 「ごめんね」や 「許してね」や 「ありがとう」や 「気にしないで」を 伝える時をもとう そうすれば もし明日が来ないとしても あなたは今日を 後悔しないだろうから ノーマ コーネット マレック 作サンクチュアリ出版 「最後だとわかっていたなら」より 佐川睦訳 「忙しさを理由に  その人の最後の願いとなってしまったことを  どうして してあげられなかったのかと」 私はケアの現場にいた時に、これと同じ痛い経験をしています。 「若い人にも  年老いた人にも  明日は誰にも  約束されていないのだということを」 今日一日を大切にするならば、いがみあうより 笑顔ですね。 3月11日 ご冥福をお祈り申し上げます。
ブログ投稿画像

2022.03.07

心の荷物預かり所
「ありがとう」の言葉  今は「人類」の存在価値が試されているときかもしれません。  科学を発展させ、たぶん、地球上の支配者となっている人類ですが、     戦争という虐殺から、誹謗中傷と言う身近な攻撃まで、     人類は「そこまでの存在」でしかないのかもしれませんね。 そのような時代だから大切にして行きたい言葉 少し長くなりますが、以前に何かに書いたものをここに載せます。 万博公園の梅はほぼ満開です。   ありがとうの言葉「父と子編」 ファミリーレストランで、店員さんが食事を持ってきたときのこと。 「どうもありがとう」とお父さんが言ったのを聞いた子供が、そのお父さんに聞きました。 「お父さんはお客さんなのに、どうしてありがとうって言ったの?」 お父さんはにこっと笑って答えました。 「それはね、料理を作ってくれたこと、その料理を運んでくれたことにありがとうって言ったんだよ。」 「ふ~ん・・・」子どもはいまいち理解できないような顔をして頷き、そして目の前のご馳走を食べ始めたのでした。 しかし、父親のこの行動はいつかきっと子供に反映されるでしょう。 今では珍しいような、親子の会話かもしれません。 だけど、とても大切なEI(感じる知性)を高める場面がそこにあると思いました。 確かにサービスを提供する側にお金を払っている私たちが、 お礼を言わなければならないのはおかしいことかもしれません。 お金を払っているのだから適切なサービスを受けるのは当たり前のことなのだと。 でもここはきっとそんなことを議論するところではないでしょう。 ある日のこと、 バスを降りる子どもが「運転手さんありがとう」と言って降りていくのを見たことがあります。 素直に、「運転手さんいつも安全に運んでくれてありがとう」という意味なのでしょう。 「はい、ありがとう」と微笑んで答える運転手。 そう、難しく考え議論するものでもないのです。 そして先日、知人のあるバス運転手がこう話してくれました。 「お客さんからありがとうって言われると、すごく気持ちがいいし、私も(安全運転への)達成感があります。この一言が、気持ちの豊かさに繋がるんだと思います。」 そう、たった一言だけのこと。 「おいしい料理を作ってくれてありがとう」「重たい料理を運んでくれてありがとう」 「いつも安全運転でありがとう」「寒い中の外でのお仕事ありがとう」「夜遅く、朝早くのお仕事にもありがとう」・・・ 別に緊張して肩肘張って大声で言わなくてもいい。軽く感謝の意を伝えればいいのだ。 気軽に爽やかに、「ありがとう」「おつかれさん」「どういたしまして」「ごめんね」「気にしないで」って言えれば。 でも、そのたった一言を惜しんだために崩れていく人間関係もあるだろう。 むしろ今は、平気で誹謗中傷する時代。 社会的EIが高まるか悪化するかは、その一言が言えるか言えないかにも関わっているかもしれません。 まずは、自戒を込めて。 では、ろくでもないサービスをする人には何と言う? 「とっても不快な思いにさせてくれてありがとう」かな? おそらくそんな人には皮肉も通じないのかな。 多分、人のことばかり言ったり責めたり、そして不快な思いに人を巻き込む人は 時間の大切さを知らないのだと思う。 それはともかく、一生懸命に昼夜を問わずお仕事されている皆さまへ、 いつもいつも、本当にありがとうございます。 縁の下の人の働きがあるからこそ、その上で働く人が動けます。 その上の人が働けるから、縁の下の人が報われます。 苦難多々の状況の中で働いている皆様に 「ありがとう」   ナオト・インティライミ「こころことば」を聴きながら
ブログ投稿画像 伊能忠敬ってご存知ですか? 一言でいえば、江戸時代日本中を歩き回って測量し、日本地図を作製した人ですね。 現代、GPSで確認しても、その江戸時代の測量(自分たちが歩いて計測したもの)地図の正確さがわかります。 それは驚くほど偉大なことなのです。 伊能忠敬の凄さについては、ネットで調べてもらうとして、 映画「大河への道」に描かれていたのは、その超有名人を支えていた名もなき人々のことです。 伊能忠敬は歴史にその名を残していますが、 その伊能忠敬を支えてきた多くの人たちのほとんどは、歴史に名を残すことなく、 しかし歴史を形作る一員として存在していたのです。 思えば、歴史に名を残す人などほんの僅かな人です。 ほとんどの人は歴史に名を残すことなく、それでも確実にこの社会を支えています。 どんな有名人でも、周囲の人たちの何らかの支えがなければ、有名にはなれません。 自分は一人で頑張ってきたという人がいたならば、思い上がりでしかないでしょう。 社長だって、例えば誰かの手によって会社まで来ることができるし、誰かが作ってくれた食事を食べているのです。 時には名を残したいがためにあがく人もいたりして。 まさしく多くの人たちによって支えられているのが社会であり、 当然ケアの世界も同じでしょう。 確かに名だたるリーダーの存在は、社会には必要です。 でも、「あなたがいるからこそ、この社会は(職場は)動いている」ことも事実です。 「私は社会の(会社の)歯車の一つにしか過ぎない」という考えもあるでしょう。 しかし、その歯車がなければ、会社も社会も成り立たないのです。 歯車であっても、なくてはならない誇れる存在だし、 逆に「歯車扱いする」リーダーは、歴史に悪い意味で名を残すでしょう。 伊能忠敬、性格的には厳しい人のようでしたが、 年齢を経てからこれまでの商売の道とは全く違う世界へのチャレンジ精神や、 地図を作り上げるまでの熱意には、敬服すると同時に、 自分もまだまだ、なにかをしなければという思いにも繋がるのですね。 映画「大河への道」、めっちゃ面白かったです。
ブログ投稿画像 ゴールデンウイークが終わると、一気にうつ病の人が増えるそうです。 特に、自分では気づかないうちに、うつ病になっていたということも多いようです。 ステルス鬱と言うそうです。 今はスマホで何らかの形で誰かと(何かと)繋がってないと落ち着かないという人も多いようです。 ところがそのスマホがストレス要因になっていることも多いのです。 それでもスマホは必需品になってしまっているので、見ないと気が済まないのですね。 いつのまにか自分の心を蝕んでいることに気づくことなく。 自分の心がちょっとおかしいと思ったら、 スマホをすぐに取り出せないザックに放り込んで 自然の中を歩くことです。 新緑の中、今は鳥のさえずりがとてもたくさん聞こえて心が落ち着きます。 そうなんです。前回、花は心を癒すと書きましたが、 小鳥たちの鳴き声(まぁニワトリやカラスは別として)も心を癒してくれます。 新緑、つまり緑色も心を落ち着かせてくれます。 これは私が言ってるのではなく、精神科医師の提言でもあります。 以前、認知症の人と新緑の森を歩いたことがあります。 普段の生活では出てこない、心豊かな表現力がいっぱい出てきました。 やはり自然は心の潤いに繋がるのですね。 お天気の良い一日、私は里山ハイキングしてきました。 観光地に行けばどこも人ばかり。逆に身近な里山は人が少なくてよいですね。 「サントリー山」は鳥たちが一杯さえずっていました。 心地よかったですね。 サントリー山に続く道を「サントリーロード」というそうです。 う~ん、思わず唄ってしまいそうです。 もちろん山の中にいるときは、スマホの存在など忘れていました。 心がすっきりしなければ、 里山でいいのでお出掛けしてみましょう! 気分転換 必要ですよ。
ブログ投稿画像 センター長の石川です。 テーマである「ドライブ・マイカーから認知症ケアを考える」 ですが、映画は認知症とは全く関係がありません。 しかし、人の人生や心の内と関わる認知症ケアにとって 全く関係はないとは言えない映画なのです。 映画自体の感想・評価は、人それぞれなので、それはしません。 ただ、 「表面的に見えるいい面や悪い面だけでその人を見るのではなく、 様々な姿があるひとりの人として受け止める。」 というのも映画のひとつのテーマとしてあったのかなと思います。 認知症ケアでは一面しか見ないということが多々生じてしまいます。 でも人は一面から見ただけでは測れないのです。 例えば映画の主人公(西島秀俊、いいですね~!)がいずれ年老い、もし認知症になったとしたら、 その認知症状だけでない、 本人の生きざまに「さりげなく寄り添う」(どかどかと踏み込むのではなく)ことが 大切になってくるのではないかと思います。 苦しみの中でもがいていきた(いる)それぞれの人生。 その苦しみの中に一筋の光を見つけ、見いだすこと。 私たちの仕事は、「ケアの仕事」ではありますが、 一人ひとりの人生から一筋の光を見いだす素晴らしい仕事でもあると思うのです。 映画は3時間です。私は水分を事前に取らず見ました(笑)  でも3時間、すぐに過ぎます。 大人の映画なので、子どもは連れて行かないようにしましょう。
ブログ投稿画像 阪神淡路大震災の時、崩壊した家の瓦礫の中から娘を救い出した父親 やがてその娘は成人し、結婚して仙台へ旅立った。 「お父さん、赤ちゃんできてん」 娘からの喜びのメッセージ しかし阪神淡路大震災を生き残った娘は 津波に飲み込まれ、行方不明に… その娘の父親が出会ったのが ノーマさんの詩でした。   「最後だとわかっていたなら」 あなたがドアを出ていくのを見るのが 最後だとわかっていたら わたしは あなたを抱きしめて キスをして そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう あなたは言われなくとも わかってくれていたかもしれないけれど 最後だとわかっていたら 一言だけでもいい 「あなたを愛してる」と わたしは 伝えただろう たしかにいつも明日はやってくる でももしそれが私の勘違いで 今日ですべてが終わるのだとしたら、 わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい そしてわたしたちは 忘れないようにしたい 若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも 約束されていないのだということを 愛する人を抱きしめられるのは 今日が最後になるかもしれないことを 微笑みや 抱擁や キスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと 忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを どうして してあげられなかったのかと だから 今日 あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう 「ごめんね」や 「許してね」や 「ありがとう」や 「気にしないで」を 伝える時をもとう そうすれば もし明日が来ないとしても あなたは今日を 後悔しないだろうから ノーマ コーネット マレック 作サンクチュアリ出版 「最後だとわかっていたなら」より 佐川睦訳 「忙しさを理由に  その人の最後の願いとなってしまったことを  どうして してあげられなかったのかと」 私はケアの現場にいた時に、これと同じ痛い経験をしています。 「若い人にも  年老いた人にも  明日は誰にも  約束されていないのだということを」 今日一日を大切にするならば、いがみあうより 笑顔ですね。 3月11日 ご冥福をお祈り申し上げます。
ブログ投稿画像  今は「人類」の存在価値が試されているときかもしれません。  科学を発展させ、たぶん、地球上の支配者となっている人類ですが、     戦争という虐殺から、誹謗中傷と言う身近な攻撃まで、     人類は「そこまでの存在」でしかないのかもしれませんね。 そのような時代だから大切にして行きたい言葉 少し長くなりますが、以前に何かに書いたものをここに載せます。 [caption id="attachment_3493" align="alignnone" width="1024"] 万博公園の梅はほぼ満開です。[/caption]   ありがとうの言葉「父と子編」 ファミリーレストランで、店員さんが食事を持ってきたときのこと。 「どうもありがとう」とお父さんが言ったのを聞いた子供が、そのお父さんに聞きました。 「お父さんはお客さんなのに、どうしてありがとうって言ったの?」 お父さんはにこっと笑って答えました。 「それはね、料理を作ってくれたこと、その料理を運んでくれたことにありがとうって言ったんだよ。」 「ふ~ん・・・」子どもはいまいち理解できないような顔をして頷き、そして目の前のご馳走を食べ始めたのでした。 しかし、父親のこの行動はいつかきっと子供に反映されるでしょう。 今では珍しいような、親子の会話かもしれません。 だけど、とても大切なEI(感じる知性)を高める場面がそこにあると思いました。 確かにサービスを提供する側にお金を払っている私たちが、 お礼を言わなければならないのはおかしいことかもしれません。 お金を払っているのだから適切なサービスを受けるのは当たり前のことなのだと。 でもここはきっとそんなことを議論するところではないでしょう。 ある日のこと、 バスを降りる子どもが「運転手さんありがとう」と言って降りていくのを見たことがあります。 素直に、「運転手さんいつも安全に運んでくれてありがとう」という意味なのでしょう。 「はい、ありがとう」と微笑んで答える運転手。 そう、難しく考え議論するものでもないのです。 そして先日、知人のあるバス運転手がこう話してくれました。 「お客さんからありがとうって言われると、すごく気持ちがいいし、私も(安全運転への)達成感があります。この一言が、気持ちの豊かさに繋がるんだと思います。」 そう、たった一言だけのこと。 「おいしい料理を作ってくれてありがとう」「重たい料理を運んでくれてありがとう」 「いつも安全運転でありがとう」「寒い中の外でのお仕事ありがとう」「夜遅く、朝早くのお仕事にもありがとう」・・・ 別に緊張して肩肘張って大声で言わなくてもいい。軽く感謝の意を伝えればいいのだ。 気軽に爽やかに、「ありがとう」「おつかれさん」「どういたしまして」「ごめんね」「気にしないで」って言えれば。 でも、そのたった一言を惜しんだために崩れていく人間関係もあるだろう。 むしろ今は、平気で誹謗中傷する時代。 社会的EIが高まるか悪化するかは、その一言が言えるか言えないかにも関わっているかもしれません。 まずは、自戒を込めて。 では、ろくでもないサービスをする人には何と言う? 「とっても不快な思いにさせてくれてありがとう」かな? おそらくそんな人には皮肉も通じないのかな。 多分、人のことばかり言ったり責めたり、そして不快な思いに人を巻き込む人は 時間の大切さを知らないのだと思う。 それはともかく、一生懸命に昼夜を問わずお仕事されている皆さまへ、 いつもいつも、本当にありがとうございます。 縁の下の人の働きがあるからこそ、その上で働く人が動けます。 その上の人が働けるから、縁の下の人が報われます。 苦難多々の状況の中で働いている皆様に 「ありがとう」   ナオト・インティライミ「こころことば」を聴きながら