ninchisho-yui-logo
menu

メニュー

clear ninchisho-yui-logo
ブログ投稿画像

2022.05.11

トピックス
紙芝居の有用性(認知症のお話) センター長の石川です。 世の中色々起きますが、地道にコツコツと「つながり」を伝えていくことも大切ですね。 生きていく意味が見いだせるからです。 私の後輩は絵がとても上手で、その才能を活かして 子ども向けに「認知症のお話」の紙芝居を作りました。 私は写真が好きですが、絵が上手な人には深く頭が下がります。 写真はあくまでも機械を使いますが、絵は感性を働かせて作り上げていくからです。 そのためか、写真以上に親近感が沸きます。 特にこどもたちには「絵」がめっちゃわかりやすいんですよね。 後輩の才能に脱帽です! 兵庫県認知症介護指導者 矢野健太郎氏作成   今回は、YouTube配信のものを見ていただきますが、 社会状況が許せば、配信ではなく、生で子どもたちに伝えれば もっと親近感のあるものになり、 何よりも子どもとの直接的なやり取りもできるでしょう。 ここに「つながり」を伝える大切さがあります。 そういう意味でも「紙芝居」はとても有用性のあるものと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=yRdYUwgLYcs どんなにデジタル化が進んでも、面と向かったコミュニケーションがないと 浅いつながりにしかならないでしょう。 キッズサポーター講座もペッパー君を使ってくれと言われます。 でも私は、紙芝居のほうがずっと有用性があると思います。 子どもたちがペッパー君に親近感を持つのではなく、 生のお話を聞かせてくれる人に持つこと。 そのようのことから人と人のつながりが深まっていくのです。
ブログ投稿画像

2022.05.06

トピックス
ステルス鬱に気を付けて ゴールデンウイークが終わると、一気にうつ病の人が増えるそうです。 特に、自分では気づかないうちに、うつ病になっていたということも多いようです。 ステルス鬱と言うそうです。 今はスマホで何らかの形で誰かと(何かと)繋がってないと落ち着かないという人も多いようです。 ところがそのスマホがストレス要因になっていることも多いのです。 それでもスマホは必需品になってしまっているので、見ないと気が済まないのですね。 いつのまにか自分の心を蝕んでいることに気づくことなく。 自分の心がちょっとおかしいと思ったら、 スマホをすぐに取り出せないザックに放り込んで 自然の中を歩くことです。 新緑の中、今は鳥のさえずりがとてもたくさん聞こえて心が落ち着きます。 そうなんです。前回、花は心を癒すと書きましたが、 小鳥たちの鳴き声(まぁニワトリやカラスは別として)も心を癒してくれます。 新緑、つまり緑色も心を落ち着かせてくれます。 これは私が言ってるのではなく、精神科医師の提言でもあります。 以前、認知症の人と新緑の森を歩いたことがあります。 普段の生活では出てこない、心豊かな表現力がいっぱい出てきました。 やはり自然は心の潤いに繋がるのですね。 お天気の良い一日、私は里山ハイキングしてきました。 観光地に行けばどこも人ばかり。逆に身近な里山は人が少なくてよいですね。 「サントリー山」は鳥たちが一杯さえずっていました。 心地よかったですね。 サントリー山に続く道を「サントリーロード」というそうです。 う~ん、思わず唄ってしまいそうです。 もちろん山の中にいるときは、スマホの存在など忘れていました。 心がすっきりしなければ、 里山でいいのでお出掛けしてみましょう! 気分転換 必要ですよ。
ブログ投稿画像

2022.04.29

トピックス
「花のエネルギーに気づかなければ…」 アーバンケア島之内の前では、今様々な花々が咲いています。 前回のストレスの解消と繋がるものなのですが、 私たちは本当に「その花のエネルギー」に気づいているのだろうか?と思うのです。 ジャスミンの香りが心にやさしいです   ほんの一瞬でもいいのです。 花々の前で立ち止まり、花を見つめると、花から「心の癒し」というエネルギーがもらえるでしょう。 花には私たちの心を癒してくれるというエネルギーがあるのに、 そのことにだんだんと気づかなくなっているのかもしれません。 世の中ぎすぎすしすぎだからでしょうか。 でも、花は認知症の人の心にもやさしく関わってくれます。 認知症の人は世界がどうあろうとも、 デジタルに監視される社会であろうとも そんなこと関係なく、心に一瞬、花から癒しというエネルギーをもらっているでしょう。 島之内前の花壇のお花です。   世の中デジタル化がどんどん進んでいきます。 いつの間にか人々は「デジタル社会主義」(私たちの生活すべてが、デジタルで管理、監督、そして監視される社会)に 取り込まれていき、花の持つエネルギーすら感じ取れなくなるかもしれません。 いらすとやさんより「AIに支配される人間」   そうすると、人の心へのいたわり、気づき、コミュニケーション力も失われていくでしょう。 認知症ケアも瓦解します。 デジタル化に支配されるのではなく、デジタルをうまく活用する。 できるのかな? 今の人間に。
ブログ投稿画像

2022.04.28

トピックス
メタ認知力を身につけよう7「吐き出すと掃き出すの違い」 人は何かとストレスを溜め込む存在です。 自我があり自己防衛機能があるので当然のことといえます。 ケアの現場でのストレスは、ケア実践上でのことは当然としてあるでしょうが、 何よりも対人関係でのストレスが多いといえるでしょう。 そのストレスは、溜め込まないということが大切になります。 人それぞれに、自分なりのストレス対処方法を持っているとは思いますが、 時に誰かに聞いてもらうということ、それは最大のストレス対処になります。 誰かに聞いてもらうことで、自分の中のストレスを「はきだす」のです。 しかしここで考えてほしいのですが、 「吐き出す」と「掃き出す」は意味合いが違ってくるということです。 「愚痴を吐く」という言葉があるように、悪口、文句ばかり言ってストレスを発散させようとする行為です。 典型的なのが、何人か集まって「人の悪口を言う」という行動でしょう。 心の中には、悪口言って気分爽快という悪魔が住み続けたままです。 いらすとやさんより   一方、「掃き出す」は、心の中のクリーニングに繋がります。 心の中をきれいにするのです。 単に愚痴を言うのではなく、「メタ認知力」つまり、実際のところ自分はどうだったのか、 そして相手の思いはどうだったのかと、客観的に考える視点を持ちながら、ストレスを掃き出していきます。 いらすとやさんより   さて、ここで重要なのは、聴き手(多くの場合は上司)の在り方です。 「聞いてください!」と言ってきた人に対して(あるいは聴きに行くこともあるでしょう) 単に愚痴を吐き出させることで終わるのではなく、 「なるほど」と受け止めながらも、そのストレスの要因となったものは何だったのか、 相手はどんな思いでいたのだろうかと、さりげなく「一緒に客観的に考えてみよう」という姿勢を持つことです。 そのためには自分の心もメタ認知力を働かせなければなりません。 いらすとやさんより   ストレスを「吐き出す」は、人の悪口を言ってすっきりする、 匿名のSNSで誹謗中傷してストレスを解消しようとするのと同じです。 心の中の悪魔は大きくなる一方でしょう。 ストレスの解消は「掃き出して」、心の中をきれいにするというのでなければ、 いつまでたっても人間関係の悪のスパイラルから抜け出せないことになるでしょう。
ブログ投稿画像

2022.04.27

トピックス
認知症ケアはめっちゃ学びがいっぱい! これから新たにケアの世界に来られる方も多いかと思います。 そのケアの世界でハードルが高いとされるのが認知症ケアです。 認知症の人とどうかかわったらよいかわからない? そうですね。わからないことが一杯かもしれません。 逆に考えれば、謎解きの材料がいっぱいあるということです。 わからないことが一杯ある! 逆に言えば、学ぶことが一杯ある! めっちゃ面白いじゃないですか! いらすとやさんより   もちろん、わかっていく過程にはいろいろ勉強もしていかなければなりませんし、 壁にぶつかることもあるでしょう。 壁にぶつかるということは、それを乗り越えていこうとする 新たなるチャレンジ精神が湧いてくるのです。 いらすとやさんより   壁はあきらめるために存在しているのではないのです。 皆さんの成長のために存在しているのですね。 世の中の全ての発展は、この壁を乗り越えて発展したのですよ! いらすとやさんより   「わからないこと」は皆さんが成長していくために存在するのです。 そして認知症の人は、実は皆さんのケアスキルを めちゃくちゃアップさせてくれる方々なのです。 働きながら自分も成長できる。 それは認知症の人自身も助かることに繋がるのです。 https://yoshijukai.or.jp/ninchisho-yui/wp-content/uploads/sites/9/2022/04/278837951_4817191468406747_4932857067441627028_n.mp4 こんなお得な仕事、いいね!ですね。
ブログ投稿画像

2022.04.25

トピックス
全国若年認知症フォーラム開催されました。 昨年実施予定だった広島大会。 今年2月に開催されることになっていましたが、オミクロンが猛威を振るっている時期と重なり、 4月24日、ようやくリモート開催されました。 YouTube配信もあったので、私はそれにて参加しました。 一番印象に残ったのは、広島市西部認知症疾患医療センターの岩崎庸子先生の話でしょうか。 まさしく、「心への働きかけ」が大切なのだと、改めて感じます。 感情への働きかけ、それは1+1=2という論理的なものではないのでしょう。 「心地よさ」(その逆もあり)を感じること、 それが失われた(私たちから見ればそう思ってしまう)能力を最大限に発揮することにつながるのかもしれません。 個別の発表で感じることは、就労支援の難しさです。 当然、介護保険の制度を超えて考えていかなければならないので、垣根を越えた活動が必要になります。 厚労省の資料からわかるように、多くの方が就労を断念しています。 どのように社会の中で活動していただくか、課題解決には多くの人の協力が必要になってくるでしょう。 ちなみにこの資料を見ると、10代、20代の人の発病もあります。 若年認知症は40歳代からのものではないというのがわかります。 新たなる支援策として、「認知症の人と家族への一体的支援」というのが始まっています。 これについては今後情報収集を進めていきたいと思います。 今回、プログラムがいっぱいで、休憩時間もあまりなく、 私もすぐにできるチキンラーメンを食べながらの参加となりました(笑) 来年は、地元東大阪市で開催されます。リモートではなく、会場開催できればいいですね。
ブログ投稿画像 センター長の石川です。 75回目の「英田地区認知症ケアネットワーク推進委員会」が5月17日開催されました。 地域からの報告では「東大阪市ふれあいまつり」などで徐々に人出が多くなってきているそうです。 地域活動を行うにおいて、コロナ禍はやはり課題になっています。 会館の使用など、まだ地域によってばらつきがあるようです。 今地域の方々が悩んでおられるのは、「秋祭り」をどうするかということらしいです。 地域の方にとって秋祭りは1年間のうちの最大のイベントです。 この2年間中止になっていたので、行いたいところですが、お祭りはどうしても飲酒飲食が伴います。 かなりの人出もあることでしょう。 コロナが収まらない状況が続いているだけに本当に悩ましい状況とのことです。 [caption id="attachment_3760" align="alignnone" width="776"] 左がトライ君 右は「あかにゃん」と言うそうです。[/caption]   また英田南では、「とまれ」のところを止まらず出てきた自転車と自動車が衝突し、 死亡事故につながった事故があったとのこと。 自転車はマナーを守り、自動車の運転も慎重に。 くれぐれも気を付けてください。
ブログ投稿画像 センター長の石川です。 世の中色々起きますが、地道にコツコツと「つながり」を伝えていくことも大切ですね。 生きていく意味が見いだせるからです。 私の後輩は絵がとても上手で、その才能を活かして 子ども向けに「認知症のお話」の紙芝居を作りました。 私は写真が好きですが、絵が上手な人には深く頭が下がります。 写真はあくまでも機械を使いますが、絵は感性を働かせて作り上げていくからです。 そのためか、写真以上に親近感が沸きます。 特にこどもたちには「絵」がめっちゃわかりやすいんですよね。 後輩の才能に脱帽です! [caption id="attachment_3749" align="alignnone" width="500"] 兵庫県認知症介護指導者 矢野健太郎氏作成[/caption]   今回は、YouTube配信のものを見ていただきますが、 社会状況が許せば、配信ではなく、生で子どもたちに伝えれば もっと親近感のあるものになり、 何よりも子どもとの直接的なやり取りもできるでしょう。 ここに「つながり」を伝える大切さがあります。 そういう意味でも「紙芝居」はとても有用性のあるものと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=yRdYUwgLYcs どんなにデジタル化が進んでも、面と向かったコミュニケーションがないと 浅いつながりにしかならないでしょう。 キッズサポーター講座もペッパー君を使ってくれと言われます。 でも私は、紙芝居のほうがずっと有用性があると思います。 子どもたちがペッパー君に親近感を持つのではなく、 生のお話を聞かせてくれる人に持つこと。 そのようのことから人と人のつながりが深まっていくのです。
ブログ投稿画像 ゴールデンウイークが終わると、一気にうつ病の人が増えるそうです。 特に、自分では気づかないうちに、うつ病になっていたということも多いようです。 ステルス鬱と言うそうです。 今はスマホで何らかの形で誰かと(何かと)繋がってないと落ち着かないという人も多いようです。 ところがそのスマホがストレス要因になっていることも多いのです。 それでもスマホは必需品になってしまっているので、見ないと気が済まないのですね。 いつのまにか自分の心を蝕んでいることに気づくことなく。 自分の心がちょっとおかしいと思ったら、 スマホをすぐに取り出せないザックに放り込んで 自然の中を歩くことです。 新緑の中、今は鳥のさえずりがとてもたくさん聞こえて心が落ち着きます。 そうなんです。前回、花は心を癒すと書きましたが、 小鳥たちの鳴き声(まぁニワトリやカラスは別として)も心を癒してくれます。 新緑、つまり緑色も心を落ち着かせてくれます。 これは私が言ってるのではなく、精神科医師の提言でもあります。 以前、認知症の人と新緑の森を歩いたことがあります。 普段の生活では出てこない、心豊かな表現力がいっぱい出てきました。 やはり自然は心の潤いに繋がるのですね。 お天気の良い一日、私は里山ハイキングしてきました。 観光地に行けばどこも人ばかり。逆に身近な里山は人が少なくてよいですね。 「サントリー山」は鳥たちが一杯さえずっていました。 心地よかったですね。 サントリー山に続く道を「サントリーロード」というそうです。 う~ん、思わず唄ってしまいそうです。 もちろん山の中にいるときは、スマホの存在など忘れていました。 心がすっきりしなければ、 里山でいいのでお出掛けしてみましょう! 気分転換 必要ですよ。
ブログ投稿画像 アーバンケア島之内の前では、今様々な花々が咲いています。 前回のストレスの解消と繋がるものなのですが、 私たちは本当に「その花のエネルギー」に気づいているのだろうか?と思うのです。 [caption id="attachment_3706" align="alignnone" width="1024"] ジャスミンの香りが心にやさしいです[/caption]   ほんの一瞬でもいいのです。 花々の前で立ち止まり、花を見つめると、花から「心の癒し」というエネルギーがもらえるでしょう。 花には私たちの心を癒してくれるというエネルギーがあるのに、 そのことにだんだんと気づかなくなっているのかもしれません。 世の中ぎすぎすしすぎだからでしょうか。 でも、花は認知症の人の心にもやさしく関わってくれます。 認知症の人は世界がどうあろうとも、 デジタルに監視される社会であろうとも そんなこと関係なく、心に一瞬、花から癒しというエネルギーをもらっているでしょう。 [caption id="attachment_3705" align="alignnone" width="1024"] 島之内前の花壇のお花です。[/caption]   世の中デジタル化がどんどん進んでいきます。 いつの間にか人々は「デジタル社会主義」(私たちの生活すべてが、デジタルで管理、監督、そして監視される社会)に 取り込まれていき、花の持つエネルギーすら感じ取れなくなるかもしれません。 [caption id="attachment_3701" align="alignnone" width="500"] いらすとやさんより「AIに支配される人間」[/caption]   そうすると、人の心へのいたわり、気づき、コミュニケーション力も失われていくでしょう。 認知症ケアも瓦解します。 デジタル化に支配されるのではなく、デジタルをうまく活用する。 できるのかな? 今の人間に。
ブログ投稿画像 人は何かとストレスを溜め込む存在です。 自我があり自己防衛機能があるので当然のことといえます。 ケアの現場でのストレスは、ケア実践上でのことは当然としてあるでしょうが、 何よりも対人関係でのストレスが多いといえるでしょう。 そのストレスは、溜め込まないということが大切になります。 人それぞれに、自分なりのストレス対処方法を持っているとは思いますが、 時に誰かに聞いてもらうということ、それは最大のストレス対処になります。 誰かに聞いてもらうことで、自分の中のストレスを「はきだす」のです。 しかしここで考えてほしいのですが、 「吐き出す」と「掃き出す」は意味合いが違ってくるということです。 「愚痴を吐く」という言葉があるように、悪口、文句ばかり言ってストレスを発散させようとする行為です。 典型的なのが、何人か集まって「人の悪口を言う」という行動でしょう。 心の中には、悪口言って気分爽快という悪魔が住み続けたままです。 [caption id="attachment_3704" align="alignnone" width="400"] いらすとやさんより[/caption]   一方、「掃き出す」は、心の中のクリーニングに繋がります。 心の中をきれいにするのです。 単に愚痴を言うのではなく、「メタ認知力」つまり、実際のところ自分はどうだったのか、 そして相手の思いはどうだったのかと、客観的に考える視点を持ちながら、ストレスを掃き出していきます。 [caption id="attachment_3702" align="alignnone" width="289"] いらすとやさんより[/caption]   さて、ここで重要なのは、聴き手(多くの場合は上司)の在り方です。 「聞いてください!」と言ってきた人に対して(あるいは聴きに行くこともあるでしょう) 単に愚痴を吐き出させることで終わるのではなく、 「なるほど」と受け止めながらも、そのストレスの要因となったものは何だったのか、 相手はどんな思いでいたのだろうかと、さりげなく「一緒に客観的に考えてみよう」という姿勢を持つことです。 そのためには自分の心もメタ認知力を働かせなければなりません。 [caption id="attachment_3700" align="alignnone" width="400"] いらすとやさんより[/caption]   ストレスを「吐き出す」は、人の悪口を言ってすっきりする、 匿名のSNSで誹謗中傷してストレスを解消しようとするのと同じです。 心の中の悪魔は大きくなる一方でしょう。 ストレスの解消は「掃き出して」、心の中をきれいにするというのでなければ、 いつまでたっても人間関係の悪のスパイラルから抜け出せないことになるでしょう。
ブログ投稿画像 これから新たにケアの世界に来られる方も多いかと思います。 そのケアの世界でハードルが高いとされるのが認知症ケアです。 認知症の人とどうかかわったらよいかわからない? そうですね。わからないことが一杯かもしれません。 逆に考えれば、謎解きの材料がいっぱいあるということです。 わからないことが一杯ある! 逆に言えば、学ぶことが一杯ある! めっちゃ面白いじゃないですか! [caption id="attachment_3695" align="alignnone" width="400"] いらすとやさんより[/caption]   もちろん、わかっていく過程にはいろいろ勉強もしていかなければなりませんし、 壁にぶつかることもあるでしょう。 壁にぶつかるということは、それを乗り越えていこうとする 新たなるチャレンジ精神が湧いてくるのです。 [caption id="attachment_3693" align="alignnone" width="400"] いらすとやさんより[/caption]   壁はあきらめるために存在しているのではないのです。 皆さんの成長のために存在しているのですね。 世の中の全ての発展は、この壁を乗り越えて発展したのですよ! [caption id="attachment_3694" align="alignnone" width="400"] いらすとやさんより[/caption]   「わからないこと」は皆さんが成長していくために存在するのです。 そして認知症の人は、実は皆さんのケアスキルを めちゃくちゃアップさせてくれる方々なのです。 働きながら自分も成長できる。 それは認知症の人自身も助かることに繋がるのです。 [video width="1920" height="1080" mp4="https://yoshijukai.or.jp/ninchisho-yui/wp-content/uploads/sites/9/2022/04/278837951_4817191468406747_4932857067441627028_n.mp4"][/video] こんなお得な仕事、いいね!ですね。
ブログ投稿画像 昨年実施予定だった広島大会。 今年2月に開催されることになっていましたが、オミクロンが猛威を振るっている時期と重なり、 4月24日、ようやくリモート開催されました。 YouTube配信もあったので、私はそれにて参加しました。 一番印象に残ったのは、広島市西部認知症疾患医療センターの岩崎庸子先生の話でしょうか。 まさしく、「心への働きかけ」が大切なのだと、改めて感じます。 感情への働きかけ、それは1+1=2という論理的なものではないのでしょう。 「心地よさ」(その逆もあり)を感じること、 それが失われた(私たちから見ればそう思ってしまう)能力を最大限に発揮することにつながるのかもしれません。 個別の発表で感じることは、就労支援の難しさです。 当然、介護保険の制度を超えて考えていかなければならないので、垣根を越えた活動が必要になります。 厚労省の資料からわかるように、多くの方が就労を断念しています。 どのように社会の中で活動していただくか、課題解決には多くの人の協力が必要になってくるでしょう。 ちなみにこの資料を見ると、10代、20代の人の発病もあります。 若年認知症は40歳代からのものではないというのがわかります。 新たなる支援策として、「認知症の人と家族への一体的支援」というのが始まっています。 これについては今後情報収集を進めていきたいと思います。 今回、プログラムがいっぱいで、休憩時間もあまりなく、 私もすぐにできるチキンラーメンを食べながらの参加となりました(笑) 来年は、地元東大阪市で開催されます。リモートではなく、会場開催できればいいですね。