夏の思い出~感触遊び~

アーバンチャイルド保育園、保育士の𠮷田です。

外に出ればまだまだ汗ばむ季節ではありますが、朝夕の心地よい風に少しずつ秋の訪れを感じるようになりました。

今年は雨模様が多くなってしまった夏でしたが、たくさんの思い出とともに、なんだか大きくなったような、たくましい姿で元気に遊ぶ子どもたちです。夏の雨の日、子どもたちは感触遊びを楽しみました。

ひんやり冷たくて、キラキラきれいな寒天遊び。

手でツンツン、足でむぎゅむぎゅ、寒天の冷たくて面白い感触を楽しみました。

「見てみて~」とカップにたくさん詰めてゼリーやジュースに見立てて楽しむ子もいました。

赤、黄、青、色とりどりなスライムも楽しみました。

子どもたちと一緒に混ぜ混ぜ…スライムができてくると不思議そうにツンツン…

びろ~んと伸びて面白いスライムに子どもたちは大興奮でした。

小麦粉粘土も楽しみました。

柔らかい生地のような小麦粉粘土に大喜びの子どもたち、こねてみたり丸めてみたり、「見てみてながーいよ」「ケーキだよ」と思い思いに楽しんでいました。

これから、心地よい季節になっていきますね、園庭で虫探しをしたりと季節を感じながら元気いっぱい遊んでいきたいです♪

Follow me!